カップ・オブ・エクセレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カップ・オブ・エクセレンス(英語:Cup of Excellence、略称:CoE)はコーヒー品質審査制度。

アメリカ合衆国NPOアライアンス・フォー・コーヒー・オブ・エクセレンス(優良コーヒー同盟、Alliance for Coffee of Excellence、ACE)」によって毎年開催されている[1]

入賞したコーヒーはインターネットオークションで取引される[2]。このコンセプトは国際コーヒー機関(ICO)のグルメコーヒー・プロジェクトによって考案された。原案は1994年にICO会長のパブロ・デュボワ国際貿易センター(International Trade Centre、ITC)のフランス・ボルヴェンケルジュネーブでの会議で考案した。ICO管理下でITCが運営するこの制度は1995年から2000年の間は、新しい「グルメ」コーヒーつまり高品質のスペシャルティーコーヒーの制度確立を目指し、一次産品共通基金(Common Fund for Commodities)が財務的に大部分を負担し活動した[3]。カップ・オブ・エクセレンスはコーヒー界のアカデミー賞オスカー)とも例えられる[4]

カップ・オブ・エクセレンスの品質審査に基づく大会は1999年に開始。2013年までにブラジルエルサルバドルコスタリカニカラグアグアテマラホンジュラスメキシコブルンジルワンダコロンビアボリビアが参加[5]。コーヒーの審査は少なくとも毎回5回行われ、最終的な勝者は「カップ・オブ・エクセレンス」を冠され、インターネット・オークションを通じ競り落とされる[6][7]

脚注[編集]

  1. ^ ルワンダ大使館「コーヒー農家の生活の向上を目指すCup of Excellence」[1]
  2. ^ Benoit Daviron; Stefano Ponte (20 February 2006). The Coffee Paradox: Global Markets, Commodity Trade and the Elusive Promise of Development. Zed Books. pp. 157–. ISBN 978-1-84277-457-1. http://books.google.com/books?id=mwpAO0J9ojgC&pg=PA157 2012年11月14日閲覧。. 
  3. ^ Pablo Dubois - Funding of commodity development projects with special reference to coffee. Chapter 10 in.Erik Chrispeels (ed} - International commodity organisations in transition. London, Cameron May, 2002. pp 121-131.
  4. ^ Barnett, Andrew (2011年2月14日). “The cup of excellence: The Oscars of the coffee world”. seattlepi.com. 2012年11月14日閲覧。
  5. ^ Countries”. Cup of Excellence. 2013年11月5日閲覧。
  6. ^ カップオブエクセレンスについて [2]
  7. ^ What is Cup of Excellence?”. Cup of Excellence. 2013年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]