カッパ口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カッパ口(かっぱくち、かっぱぐち)とは、伝説上の動物である河童の嘴(くちばし)に似た形状を持つ人間を指す言葉。下唇を上唇で覆い、上唇も内側に巻き込むようにし、口角を上げるというよりは唇中央を下げるような表情で、アルファベットv のように見える[1]

由来と歴史[編集]

タラコ唇やおちょぼ口のように口の特徴を表す言葉である。近年ではアヒル口と共に、女性の魅力の一つとして認知されるようになってきている。「カッパ口」そのものは2013年にドラマ「あまちゃん」にて女優・能年玲奈がした事でじわじわと広まった[2]。以降こうした口の形状が女性の「キュートさ」や「セクシーさ」を表す特徴のひとつとして、広く知られるようになった。

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]