カダパ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アーンドラ・プラデーシュ州の県区分。本県は最南部。

カダパ県テルグ語 కడప ; Kadapa district)は、インド南部のアーンドラ・プラデーシュ州に属する県の一つ。県庁所在地はカダパ重晶石の産地として有名である。


概要[編集]

2001年の国勢調査では、面積1万5359平方キロメートル、人口260万1797人である。

アーンドラ・プラデーシュ州の南部に位置する。 北東はプラカーシャム県、北西はカルヌール県、西はアナンタプラム県、南はチットゥール県、東はネッルール県に接する。

歴史[編集]

イギリス領インド帝国マドラス管区時代から存在する。1947年のインド独立と同時に成立したマドラス州に所属後、1953年のアーンドラ・プラデーシュ州の分離独立とともに、同州に帰属した。

言語[編集]

住民の主な日用言語は、テルグ語タミル語である。

行政区分[編集]

政令指定都市は、カダパ市が設置されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]