カタル性口内炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カタル性口内炎
分類および外部参照情報
ICD-10 K12.1
テンプレートを表示

カタル性口内炎(-せいこうないえん)は口内炎の一つ。口腔粘膜に発生するカタル性炎症単純性口内炎とも[1]

原因[編集]

歯垢や不適合補綴物などの刺激や、疲労風邪などの全身状態の悪化により発生[2][1]

症状[編集]

粘膜の発赤疼痛水腫など[2][1]。慢性期になると口臭なども[2]

治療[編集]

原因の除去、口腔内清掃など[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 由良義明 著「第6章 口腔粘膜疾患 2 口内炎 1 カタル性口内炎」、白砂兼光古郷幹彦 編 『口腔外科学』(第3版)医歯薬出版東京都文京区、2010年3月10日。ISBN 978-4-263-45635-4NCID BB01513588 
  2. ^ a b c 向後隆男 著「12章口腔粘膜の病変 II.口腔粘膜の感染症 1.細菌感染による口内炎 1)カタル性口内炎」、二階, 宏昌伊集院, 直邦下野, 正基 編 『歯学生のための病理学』 口腔病理編(第2版第5刷)、医歯薬出版東京都文京区、2003年2月25日、180頁。ISBN 4-263-45438-3