カスピエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カスピエル(Caspiel)は、鬼神学の伝統におけるデーモンもしくは天使である。その名は「神に閉じ込められた」を意味し、を司る。

ラッド博士の『天使魔術論』ではソロモン王の使役した善霊・悪霊のひとつに挙げられており、「南方を支配する偉大な皇帝」とされ、200人の大公爵と400人の小公爵を従えているとされる[1]15世紀ドイツの聖職者トリテミウスの文献『秘密書法』に記載された精霊のひとつでもあり、と南を司るという。このように、よく南に関連づけられる精霊である。

ヘブライ語の『第三エノク書』に現れる天使カフシエル(Qafsiel)はカスピエル(Qaspiel)とも呼ばれ、メルカバーの幻視に至る途上の天上の第七の宮殿の門番のひとりである[2]。この天使は『天使ラジエルの書』にも月界の天使として記載されている。

  1. ^ McLean, Adam. A Treatise on Angel Magic, Weiser Books, 1989, 2006.
  2. ^ Hebrew book of 3 Enoch

参考文献[編集]