オープンアクセス学術誌要覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オープンアクセス学術誌要覧(Directory of Open Access Journals)
DOAJ logo.jpg
URL doaj.org
使用言語 英語
アレクサ
ランキング
22,607 (2018年10月時点)[1]
営利性 非営利
設立日 2003
現状 オンライン

オープンアクセス学術誌要覧(おーぷんあくせすがくじゅつしようらん、: Directory of Open Access Journals)(DOAJ)は、オープンアクセス学術誌とその論文をリストしたウェブサイトで、英国の非営利の慈善企業であるオープンアクセス・インフラストラクチャサービス(IS4OA:Infrastructure Services for Open Access)が管理運営している[2]。2019年3月14日時点で、12,827学術誌の3,858,305 論文がカバーされている。

閲覧は無料で利用者登録は不要である。

概要[編集]

オープンアクセス学術誌要覧(DOAJ)の目的は、「分野、地域、言語にかかわらず、世界規模で、査読付きオープンアクセス学術誌の認知度、アクセシビリティ、評判、利便性、品質を高めることである。また、学術誌の編集者、出版社、所有者と協力し、最良の出版業務の手助けをすることである」[3]

ブダペスト・オープンアクセス・イニシアティヴ英語版(Budapest Open Access Initiative:BOAI)のオープンアクセスの定義に準拠し、採録している学術誌は、「全文を無料で、閲覧、ダウンロード、コピー、配布、印刷、検索、合法的利用ができる論文を掲載している学術誌」と定義している[4]

学術誌を精査し編集を管理し、高品質のコンテンツを無料で提供している。

歴史[編集]

2002年2月14日、世界的な潮流となった研究論文を無料で自由に閲覧・利用できるオープンアクセス運動は、欧州ではブダペスト・オープンアクセス・イニシアティヴ英語版(Budapest Open Access Initiative:BOAI)を公開し、オープンアクセスの定義やあり方を示した。

2002年10月22-24日、上記に刺激を受け、最初の北欧学術コミュニケーション会議(Nordic Conference on Scholarly Communication)が、初日と2日目はスウェーデンのルンドで、3日目はデンマークで開催された。その時の議論がオープンアクセス学術誌要覧(DOAJ)を設立する動きになった。

2003年、スウェーデンのルンド大学・図書館長だったラース・ビヨルンスハーグ(Lars Bjørnshauge)がオープンアクセス学術誌を登録するウェブサイトであるオープンアクセス学術誌要覧(DOAJ)を、当初300誌の登録で創設した[3]。運営は、ルンド大学の支援、そして、ジョージ・ソロスが設立した国際的な助成財団・オープン・ソサエティ財団の助成を受けた。

2012年12月、オープンアクセス学術誌要覧(DOAJ)は、8,300誌超のオープンアクセス学術誌をカバーするまで成長した。

2013年1月、オープンアクセス学術誌要覧(DOAJ)はルンド大学図書館から独立し、Co-Action Publishingの共同設立者であるキャロライン・サットン(Caroline Sutton)と共に、英国の非営利・慈善団体であるオープンアクセス・インフラストラクチャサービス(IS4OA:Infrastructure Services for Open Access)を設立した。ラース・ビヨルンスハーグは、ルンド大学図書館を辞めて、編集長に就任した[2]

なお、キャロライン・サットンは2008年にオープンアクセス学術出版社協会(OASPA)を設立し、2008年から2013年3月まで会長を務めていた。

2015年、オープンアクセス学術誌要覧(DOAJ)は採録学術誌を更新した。この時、捕食学術誌を排除する目的で、より厳しい選択基準で再申請を開始した。更新の終わり(2017年12月)には、2016年5月に索引付けされた11,600誌のうち、5,000誌近くの学術誌が再申請に合格せず、データベースから削除された[5][6][7]。この大幅なクリーンアップにもかかわらず、オープンアクセス学術誌要覧の採録学術誌の数は増え続け、2019年3月14日時点で、12,827学術誌の3,858,305 論文をカバーするまで成長した[3]

関連項目[編集]

脚注・文献[編集]

  1. ^ Ranking for Doaj.org”. Alexa.com. 2018年10月24日閲覧。
  2. ^ a b Infrastructure Services for Open Access”. Infrastructure Services for Open Access C.I.C.. 2019年3月13日閲覧。
  3. ^ a b c About DOAJ (Directory of Open Access Journals)”. Directory of Open Access Journals. 2019年3月14日閲覧。
  4. ^ Information for publishers”. Directory of Open Access Journals. 2019年3月14日閲覧。
  5. ^ The Reapplications project is officially complete”. DAOJ blog (2017年12月17日). 2019年3月14日閲覧。
  6. ^ Baker, Monya (2016年6月9日). “Open-access index delists thousands of journals”. Nature News. 2019年3月14日閲覧。
  7. ^ Marchitelli, Andrea; Galimberti, Paola; Bollini, Andrea; Mitchell, Dominic (January 2017). “Helping journals to improve their publishing standards: a data analysis of DOAJ new criteria effects”. JLIS.it 8 (1): 39-49. doi:10.4403/jlis.it-12052. http://leo.cineca.it/index.php/jlis/article/view/12052 2019年3月14日閲覧。. 

外部リンク[編集]