オーパス (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーパス株式会社
OPUS Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
151-0053
東京都渋谷区代々木3-25-3
あいおいニッセイ同和損保新宿ビル12階
設立 1971年5月12日
業種 精密機器
法人番号 4010401083622
事業内容 通信機器・OA機器等の工事及び保守
代表者 代表取締役社長 古賀 真
資本金 1,000万円
主要株主 レカム株式会社
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

オーパス株式会社(英:OPUS Co., Ltd.)は、東京都渋谷区代々木にある、OA機器や通信端末など情報通信機器の工事・保守サービスを手がけている企業である。かつては情報通信機器の開発・製造・販売などを行っていた。

概要[編集]

1918年東京市本所区石原町に発足した渡辺製作所1948年に法人化し、神田通信工業株式会社として設立)を前身とし、1971年、神田通信工業から独立する形で、株式会社ケーイーエスとして設立。2006年レカムの傘下に入り、その後、2008年10月、レカム(同日付でレカムホールディングスに改称)との共同新設分割により、一部事業を新設会社のレカム(旧レカムの事業を譲受)に継承した上で、社名を株式会社アスモに変更した。

2006年からウィルコム向けPHSの製造・開発も手がけていたが、2009年9月30日よりネットインデックス(現・ネクス)に移管された。

2013年9月に情報通信機器製造事業を三洋化成製作所へ譲渡、工事・保守サービスに業態を変更。同年10月1日、社名をオーパス株式会社に変更した。

沿革[編集]

  • 1971年昭和46年)5月12日 - 神田通信工業から独立し、株式会社ケーイーエス設立。
  • 1974年(昭和49年) - 本社を東京都品川区に移転。
  • 2003年平成15年) - 本社を東京都千代田区に移転。
  • 2006年(平成18年) - 神田通信工業のネットワーク事業部門を継承した上で、レカムの完全子会社となる。本社を東京都中央区に移転。ウィルコム向けPHS音声端末「9(nine)」を生産。
  • 2008年(平成20年) - レカムグループの再編により、NTT商品販売部門を新設会社のレカムに継承した上で、社名を株式会社アスモに変更。
  • 2009年(平成21年) - 本社を東京都港区に移転。モバイル事業をネットインデックス(現・ネクス)に譲渡。
  • 2012年(平成24年) - 本社を東京都千代田区に移転。
  • 2013年(平成25年) - 製造事業を三洋化成製作所に譲渡し撤退。社名をオーパス株式会社に変更。

かつての製品[編集]

ウィルコム[編集]

anoa[編集]

  • AI-900

関連項目[編集]

外部リンク[編集]