オーステルハウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オーステルハウト
—  基礎自治体  —
市の立つ広場
Flag of Oosterhout
Coat of arms of Oosterhout
紋章
座標: 北緯51度39分 東経04度51分 / 北緯51.650度 東経4.850度 / 51.650; 4.850
オランダ
北ブラバント州
面積(2006)
 - 計 73.09km2 (28.2mi2)
 - 陸地 71.59km2 (27.6mi2)
 - 水面 1.50km2 (0.6mi2)
人口 (2012年11月1日)
 - 計 53,693人
  出典:CBS, Statline.
等時帯 中央ヨーロッパ標準時 (UTC+1)
 - 夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
2013年7月のオーステルハウト市の地図

オーステルハウトオランダ語: Oosterhout)は、オランダ南部の基礎自治体(ヘメーンテ)および都市。人口は5万3693人(2012年11月1日)。オーステルは「東の」、ハウトは「森」という意味である。

歴史[編集]

オーステルハウトという地名は1277年の記録に初めて現れるが、考古学的な出土品から先史時代の集落の存在がわかっている。テンプル騎士団はこの地に、洗礼者ヨハネをまつる寺院を建立した。これはのちに城に発展し、ブレダベルヘン・オプ・ゾームといった周辺地域を監督するようになった。城は八十年戦争中の1573年にスペイン軍によって破壊され、今日は塔がひとつだけ残っている。

19世紀にかけて、オーステルハウトは製陶の中心地として栄えた。1625年にはオラニエ公フレデリック・ヘンドリックによって市街が包囲され、大きな被害を受けた。

プロテスタンティズムが興隆して後も、オーステルハウトには数か所のカトリックの修道院があった。このうち、プレモントレ会の修道院は現在も活動を続けている。1809年にホラントルイ・ボナパルトから都市権を取得した。

名所[編集]

  • スロチェス(城)
  • 聖ヨハネ教会堂 - 1277年にはロマネスク様式であったが、1473年ごろから現在のゴシック様式で再建され、1493年に完成した。塔は1519年から1552年にかけて建設された。これ以降も何度か改築された。
  • 聖カテリーナ修道院 - かつては聖ヨハネ騎士団の城であった
  • スロットボッセトーレン - 廃墟となった城

スポーツ[編集]

市内を本拠地とするスポーツクラブ

  • VOKO - バレーボール
  • SCOトフス - サッカー
  • TSC - サッカー
  • VVオーステルハウト - サッカー
  • デ・ワランデ - ホッケー
  • OZ&PCデ・ワランデ - 競泳・水球
  • デ・フォルトレッフェルス - コーフボール

ゆかりの人物[編集]

  • エクスティンセ(ペーター・コップス) - ラッパー
  • マルリース・デッケルス - ランジェリーデザイナー

外部リンク[編集]