オーギュスト・フェイアン=ペラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーギュスト・フェイアン=ペラン
Auguste Feyen-Perrin
Feyen-Perrin-photo.jpg
生誕1826年4月12日
フランス復古王政、ベ=シュル=セイユ
死没1888年10月14日
フランス第三共和政パリ

オーギュスト・フェイアン=ペラン(François Nicolas Augustin Feyen、通称: Auguste Feyen-Perrin、1826年4月12日 - 1888年10月14日)はフランスの画家、版画家である。

略歴[編集]

現在のムルト=エ=モゼル県のベ=シュル=セイユに生まれた。父親は徴税請負人で兄のジャック・ウジェーヌ・フェイアン(Jacques-Eugène Feyen:1815-1908)はオーギュストが15歳の時には画家、版画家として認められていて、通称のフェイアン=ペランは兄の作品と区別するために、母親の姓ペランを付加して名乗ったものである。兄から美術教育を受けた後、ナンシーの美術学校で学び、ミシェル・マルタン・ドロランの画塾で学び、1848年にパリの国立高等美術学校に入学しレオン・コニエアドルフ・イヴォンに学んだ。

人物画や風俗画を専門とし、1853年にサロン・ド・パリに初めて出展した。生涯を通じてサロンに出展し、1865年、1867年、1874年に入選した。1865年にエッチング版画家協会(Société des aquafortistes)の会員に選ばれ、版画出版の重要な人物アルフレッド・カダール(Alfred Cadart:1828–1875)と仕事をした[1]

兄と友人となった、ジュール・ブルトンと夏はブルターニュカンカルで過ごし、地域のの農民の日常の姿を描いた。

ギュスターヴ・クールベの親しい友人で、クールベが1870年に、パリ・コミューンのコミューン美術委員会議長になった時に協力したが、クルーベの亡命後もフェイアン=ペランの地位は保たれ、1878年にレジオンドヌール勲章を受勲した。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ « Feyen-Perrin », dans Janine Bailly-Herzberg, Dictionnaire de l'estampe en France (1830-1950), Paris, Arts et métiers du livre / Flammarion, 1985, 119-120

参考文献[編集]

  • Henry Boucher: "Feyen-Perrin (1826-1888)". Paris 1892. Obituary and text of a speech delivered on the occasion of a monument being erected at Feyen-Perrin's tomb. Boucher was a Senator from Vosges.
  • Jules Breton (ed.): Exposition des œuvres de Feyen-Perrin. March 1889. Alcan-Lévy, Paris.