オンライン・コミュニケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

インターネット・コミュニティまたはWebコミュニティ(internet community or web community)とも呼ばれるオンライン・コミュニティ(online community)オンライン・コミュニケーションは、メンバーが主にインターネットを介して相互に対話するコミュニティ/コミュニケーション。

オンラインとは、つまり(コンピューターで)端末(周辺)装置が、インターネット回線などで接続されていて、その制御下にあり、データのやりとりが即座に行える状態。またはインターネットなどのネットワークにつながっている状態のことであり[1]、オンライン・コミュニケーションとは、そうした状態における個人または団体間で、情報を伝え、共有することである。

最近では、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(いわゆるSNS)における、文字チャットやビデオチャット、またブログなどでの投稿のやりとりなども、広義にオンライン・コミュニケーションのひとつと捉えられている。

コミュニティのメンバーは通常、共通の利益を共有している。多くの人にとって、オンラインコミュニティは「目に見えない友達の家族」で構成され、家のように感じるかもしれずさらにこれらの「友達」はゲームコミュニティやゲーム会社を通じてつながることが可能。オンラインコミュニティに参加したい人は、通常、特定のサイトを介してメンバーになり、特定のコンテンツやリンクにアクセスする必要があるが、メディアライフが平均的な日に完全に統合されている今日の社会と経済においてオンラインコミュニティは本格的な文化に端を発している。オンラインコミュニティは、メンバーが投稿、ディスカッションへのコメント、アドバイス、コラボレーションを行うことができる情報システムとして機能でき、医療アドバイスや特定のヘルスケア研究も含まれる。一般的に、人々はソーシャルネットワーキングサイト、チャットルーム、フォーラム、電子メールリスト、およびディスカッション掲示板を介して通信し、日常のソーシャルメディアプラットフォームにも進んでいる。これには、 FacebookTwitterInstagramなどが含まれ、人々はビデオゲームブログ仮想世界を通じてオンラインコミュニティに参加する可能性があり、出会い系サイトや仮想世界で新しい大切な人と出会う可能性がある。 Web 2.0 Webサイトの人気の高まりにより、他のユーザーとのリアルタイムのコミュニケーションと接続が容易になり、情報を交換するための新しい方法の導入が容易になる。しかし、これらの相互作用はまた、社会的相互作用の衰退につながる可能性があり、他の人と話すより否定的で軽蔑的な形を堆積させる可能性もある。

分類[編集]

オンライングローバルコミュニティの視覚的表現

開発[編集]

ブログ[編集]

掲示板[編集]

新しくインストールされたバージョンのIPB3.4.6のスクリーンショット

ソーシャルネットワーク[編集]

目的[編集]

人気[編集]

分類[編集]

コミュニティの構築[編集]

参加[編集]

成功するオンラインコミュニティの側面[編集]

メンバーシップのライフサイクル[編集]

新規参入者(インバウンド)[編集]

オンラインコミュニティでの役割[編集]

参加の動機と障壁[編集]

消費者とベンダーの相互作用[編集]

成長サイクル[編集]

オンライン学習コミュニティ[編集]

ビデオ「ゲーム」とオンラインインタラクション[編集]

オンラインゲームコミュニティの問題[編集]

オンライン健康コミュニティ[編集]

問題[編集]

トローリングと嫌がらせ[編集]

かすんでいる[編集]

プライバシー[編集]

情報の信頼性[編集]

不均衡[編集]

法的な問題[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 新明解国語辞典(第八版). 三省堂. (2020年11月20日 2020) 
  • Barzilai, G. (2003). Communities and Law: Politics and Cultures of Legal Identities. Ann Arbor: The University of Michigan Press.
  • Dasgupta, S. (2010). Social Computing: Concepts, Methodologies, Tools, and Applications. IGI Global. (ISBN 1-605-66984-9).
  • Ebner, W.; Leimeister, J. M.; Krcmar, H. (2009): Community Engineering for Innovations -The Ideas Competition as a method to nurture a Virtual Community for Innovations. In: R&D Management, 39 (4), pp. 342–356 [1][リンク切れ]
  • Else, Liz & Turkle, Sherry. "Living online: I'll have to ask my friends", New Scientist, issue 2569, 20 September 2006. (interview)
  • Hafner, K. 2001. The WELL: A Story of Love, Death and Real Life in the Seminal Online Community Carroll & Graf Publishers (ISBN 0-7867-0846-8)
  • Gurak, Laura J. 1997. Persuasion and Privacy in Cyberspace: the Online Protests over Lotus Marketplace and the Clipper Chip. New Haven: Yale University Press.
  • Hagel, J. & Armstrong, A. (1997). Net Gain: Expanding Markets through Virtual Communities. Boston: Harvard Business School Press (ISBN 0-87584-759-5)
  • IRMA. Virtual Communities: Concepts, Methodologies, Tools and Applications. IGI Global: New York, NY (ISBN 1-609-60100-9)
  • Jones, G. Ravid; Rafaeli, S. (2004). “Information Overload and the Message Dynamics of Online Interaction Spaces: A Theoretical Model and Empirical Exploration”. Information Systems Research 15 (2): 194–210. doi:10.1287/isre.1040.0023. 
  • Kim, A.J. (2000). Community Building on the Web: Secret Strategies for Successful Online Communities. London: Addison Wesley (ISBN 0-201-87484-9)
  • Kim, A.J. (2004). "Emergent Purpose." Musings of a Social Architect. January 24, 2004. Retrieved April 4, 2006 [2].
  • Leimeister, J. M.; Sidiras, P.; Krcmar, H. (2006): Exploring Success Factors of Virtual Communities: The Perspectives of Members and Operators. In: Journal of Organizational Computing & Electronic Commerce (JoCEC), 16 (3&4), 277–298
  • Leimeister, J.M.; Krcmar, H. (2005): Evaluation of a Systematic Design for a Virtual Patient Community. In: Journal of Computer-Mediated Communication, 10 (4) [3].
  • Preece, J. (2000). Online Communities: Supporting Sociability, Designing Usability. Chichester: John Wiley & Sons Ltd. (ISBN 0-471-80599-8)
  • Davis Powell, Connie. "Iou Already Have Zero Privacy. Getoverit!"1WouldWarrenand Brandeis Argue for Privacy for Social Networking?" Pace Law Review 31.1 (2011): 146–81.
  • Salkin, Patricia E. "Social Networking and Land Use Planning and Regulation: Practical Benefits, Pitfalls, and Ethical Considerations." Pace Law Review 31.1 (2011): 54–94.
  • Romm-Livermore, C. & Setzekorn, K. (2008). Social Networking Communities and EDating Services: Concepts and Implications. IGI Global: New York. (ISBN 1-605-66104-X)

外部リンク[編集]