オルドワン石器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石器の一例

オルドワン石器(オルドワンせっき)は堅いハンマーで打撃を加えて製作された剥片チョッピング・ツールを特徴とする石器文化。略して「オルドワン」ともいう。 製作は、250万年前に始まりアフリカアジアの各地で2万年前まで続く。

アフリカの大地溝帯(オルドヴァイ峡谷など)で遺跡とともに最古の石器が発見されている。これらの石器は、礫を打ち欠いて制作した簡単な礫器や剥片からなり、解体された動物骨とともに見つかっている。 ホモ属(ホモ・ハビリスホモ・エレクトスなど)はもとより、アウストラロピテクス猿人などにより製作された可能性がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤宏之「持続的資源利用の人類史」/ 日本第四紀学会・町田洋・岩田修二・小野昭編著 『地球史が語る近未来の環境』 東京大学出版会 2007年 148ページ

関連項目[編集]