コンテンツにスキップ

オリエンティア属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリエンティア属
オリエンティア・ツツガムシ(Orientia tsutsugamushi
分類
ドメイン : 真正細菌
Bacteria
: プロテオバクテリア門
Pseudomonadota
: アルファプロテオバクテリア綱
Alphaproteobacteria
: リケッチア目
Rickettsiales
: リケッチア科
Rickettsiaceae
: オリエンティア属
Orientia
学名
Orientia
Tamura et al. 1995[1]
(IJSEMリストに掲載 1995[2])
タイプ種
オリエンティア・ツツガムシ
Orientia tsutsugamushi

(Hayashi 1920[3])
Tamura et al. 1995[1]
(IJSEMリストに掲載 1995[2])
下位分類([6]

オリエンティア属Orientia)は真正細菌プロテオバクテリア門アルファプロテオバクテリア綱リケッチア目リケッチア科の一つである。

昆虫および哺乳類で見られる偏性細胞内グラム陰性細菌である。感染した昆虫の刺咬や糞便を介して拡散する。

この属は現在、ツツガムシ病の病原菌であるオリエンティア・ツツガムシOrientia tsutsugamushi)のみが承認されている。かつては、Orientia chutoも属していた[7][8]

"Candidatus Orientia chiloensis"

[編集]

Orientia chiloensisは2010年に発見された細菌であり、その高度に分岐したタイプ特異性抗原遺伝子 (tsa) によって、オリエンティア属の新種の可能性が示されている[4]

チリでは、ツツガムシ病は南部、特にチロエ島及び、パタゴニアフィヨルドや海峡で発生することが知られている。2015年から2020年の間にチリでは計40件の発症が確認されており、感染者の多くは薪集めや伐採に従事していたと報告していた[9]。チリの学者Katia Abarcaによると、チリのこの感染症はこの地域固有のものであり、ツツガムシ病が流行している地域"Tsutsugamushi Triangle"から侵入したものではないという[9]。この感染症が2006年になってチリで最初に報告されたのは、おそらく過少診断と過少報告の結果であると考えられている[9]。チリ最南端の地域マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州では2020年1月に初めて報告された[9]。チロエ島北部での研究によると、齧歯動物の体内に生息するダニがこの病気の保菌者及び媒介者であると考えられている[10]

脚注

[編集]
  1. ^ a b c Akira Tamura, Norio Ohashi, Hiroshi Urakami, Sadao (01 July 1995). “Classification of Rickettsia tsutsugamushi in a New Genus, Orientia gen. nov., as Orientia tsutsugamushi comb. nov.”. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 45 (3): 589-91. doi:10.1099/00207713-45-3-589. PMID 8590688. 
  2. ^ a b c “Notification that New Names and New Combinations Have Appeared in Volume 45, No. 3, of the IJSB”. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 45 (4): 881. (01 October 1995). doi:10.1099/00207713-45-4-881. 
  3. ^ a b Naosuke Hayashi (1920). “Etiology of Tsutsugamushi Disease”. The Journal of Parasitology 7 (2): 53-68. doi:10.2307/3270957. 
  4. ^ a b c Abarca, Katia; Martínez-Valdebenito, Constanza; Angulo, Jenniffer; Jiang, Ju; Farris, Christina R.; Richards, Allen L.; Acosta-Jamett, Gerardo; Weitzel, Thomas (2020). “Molecular Description of a Novel Orientia Species Causing Scrub Typhus in Chile”. Emerging Infectious Diseases 26 (9): 2148–2156. doi:10.3201/eid2609.200918. PMC 7454112. PMID 32818400. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7454112/. 
  5. ^ a b Aharon Oren, George M. Garrity (31 January 2022). “CANDIDATUS LIST No. 3. Lists of names of prokaryotic Candidatus taxa”. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 72 (1): 5186. doi:10.1099/ijsem.0.005186. 
  6. ^ Jean P. Euzéby, Aidan C. Parte. “Genus Orientia”. List of Prokaryotic names with Standing in Nomenclature. 2023年8月13日閲覧。
  7. ^ New Orientia tsutsugamushi Strain from Scrub Typhus in Australia”. 2008年11月20日閲覧。
  8. ^ Izzard, L (2010). “Isolation of a novel Orientia species (O. chuto sp. nov.) from a patient infected in Dubai”. J Clin Microbiol 48 (12): 4404–4409. doi:10.1128/JCM.01526-10. PMC 3008486. PMID 20926708. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3008486/. 
  9. ^ a b c d González, C. (2020年1月29日). “Una bacteria presente en ácaros causa un raro tipo de infección en el sur” (スペイン語). El Mercurio: p. A9 
  10. ^ Acosta Jamett, Gerado; Martïnez-Valdebenito, Constanza; Beltrami, Esperanza; Silva-de La Fuente, María Carolina; Jiang, Ju; Richards, Allen L.; Weitzel, Thomas; Abarca, Katia (2020-01-23). “Identification of trombiculid mites (Acari: Trombiculidae) on rodents from Chiloé Island and molecular evidence of infection with Orientia species”. PLOS Neglected Tropical Diseases 14 (1): e0007619. doi:10.1371/journal.pntd.0007619. PMC 6999909. PMID 31971956. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6999909/. 

外部リンク

[編集]