オティリー・カフカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幼少時のカフカ姉妹。左からエリ、ヴァリー、オティリエ

オティリー・カフカ(Ottilie Kafka、1892年10月29日 - 1943年)は、プラハ出身のユダヤ人女性。「オットラ」の愛称で知られる。作家フランツ・カフカの妹であり、兄妹のなかでもっとも彼と親しかった。

プラハの小間物商ヘルマン・カフカとその妻ユーリエとの間の末子として1892年に生まれる。彼女には兄フランツ・カフカのほかにエリ(1889年 - )、ヴァリー(1890年 - )の2人の姉がいた。幼い頃は姉妹で固まって過ごすことが多く、このため幼少期のフランツは孤独な思いを味わったが、姉妹のうちでは唯一、父ヘルマンに反抗することがあり、このこともあって後にフランツ・カフカの最も信頼する人物のひとりとなった。

オティリーは当初、父ヘルマンの店を手伝っていたが、兄フランツの薦めもあり20代半ばになって農場経営を学んだ。彼女が農地を借りた小村チェーラウには1917年に、肺結核を病んだフランツ・カフカが療養のために滞在しており、ここでの田舎生活がのちに彼の長編小説『』に反映されることになった。1920年、オティリーは両親の反対を押し切り、チェコ人のキリスト教徒で郵便局に勤めを持っていたヨーゼフ・ダヴィトと結婚し、その後は夫の父親の農場経営に携わっていた。彼女はダヴィトとの間に二女をもうけたが、ナチス・ドイツによってオーストリアが併合された際、非ユダヤ人である夫のキャリアを傷つけないように彼と離婚した。1943年、アウシュビッツに連行されていく子供たちの付き添いを申し出、間もなくここで殺害された。彼女の2人の姉も同じ運命を辿っている。

参考文献[編集]

  • 池内紀、若林恵 『カフカ事典』 三省堂、2003年