オットー・メンヒェン=ヘルフェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オットー・メンヒェン=ヘルフェン(Otto John Mänchen-Helfen、1894年7月26日 - 1969年1月29日)は、オーストリアウィーン出身の民俗学者歴史学者・旅行家。

経歴[編集]

ウィーン大学で学んだ後、ヨーテボリライプツィヒに遊学。

1927年から1930年にかけて、モスクワのマルクス・エンゲルス協会に勤務。

1929年トゥバへ旅行に赴く。彼の名前を高めたのはこの体験をもとに記された旅行記『トゥバ紀行』であった。当時、ヨーロッパ人未踏の地であったソビエト・ロシアの支配下にあったトゥヴァ人民共和国を旅して、その国内の実情を著した。1931年に出版されたこの書はソビエト・ロシア支配の暗部についても大幅に触れており、その体制に批判的な論であったためにソビエト・ロシアからは激しく攻撃される一方、トゥバ地域についてまったくの無知であった当時のヨーロッパ人からは賞賛された。

1933年ベルリン大学の講師に就任。

1938年ナチスへの協力を拒み、アメリカ合衆国に移住。

1946年カリフォルニア大学バークレー校教授となる。

1969年、カリフォルニア州バークレーで死去。

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]