オズボーンの雄牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オズボーンの雄牛(オズボーンのおうし、スペイン語: Toro de Osborne)は、雄牛のシルエットを模した、全高14mの黒色の看板。1956年以降にオズボーン・グループによってスペイン全土に設置され、現在はフェリクス・テハーダ家によって管理されている。

歴史[編集]

オズボーン・グループは1772年、トーマス・オズボーン・マンによってシェリー酒の醸造会社として設立され、現在はシェリー酒を含むワインスペインワイン)・蒸留酒イベリコ豚関連製品・ミネラルウォーターなどを製造している。1956年、ブランド「ヘレスブランデー」の広告宣伝のために巨大な雄牛形の看板の設置を開始した[1]。看板は黒一色であり、赤色の文字でブランド名の「Veterano」が書かれ、スペイン全土の主要な道路に沿って設置された。当時の看板は現在よりも小さく、やや異なるデザインだった。道路から150m以内の広告活動を禁じる法律が制定されたため、現在の巨大な看板が設置されるようになった。1994年には道路脇の広告活動を全面的に禁じる法律が制定され、オズボーンの雄牛も撤去される予定だった。しかし、この時までにオズボーンの雄牛は全国的に有名になっていたため、国民の反応により看板は残されることになった。法律の意図通りオズボーンの雄牛を完全に撤去することを望む活動家もおり、オリジナルの看板にあったブランド名などはすべて塗りつぶされ、完全に黒一色となった。結局裁判所はオズボーンの雄牛の残存を認め、その理由として看板が「風景の一部となり、美的・文化的意義を有している」「雄牛は社会の共有財産となった」ことを挙げた。

今日、「Osborne」という社名が書かれた看板が2か所に存在する。ひとつはアンダルシア州カディス県ヘレス空港英語版であり、もうひとつはオズボーン・グループの本社が置かれているエル・プエルト・デ・サンタ・マリーアである。オズボーンの雄牛はステッカーキーホルダーなどにも使用されている。また、各スポーツ競技のスペイン代表チームや個人のスペイン代表選手を応援する際には、スペイン国旗の中央にオズボーンの雄牛を描いた旗を振ることがある。2014年時点で、スペイン全土に91枚の看板が存在する。やや異なるデザインの看板がメキシコにも存在し、メキシコの看板はいまだに広告宣伝の機能を有している[2]

2008年1月にはガリシア州で、スペイン国家のシンボルをガリシア州から排除するために、ガリシア独立主義者によって看板がオレンジ色に塗らかえられた[3]。5月には同様の破壊行為がカタルーニャ州でも起き、バルセロナにあった看板がカタルーニャ独立主義者によって破壊されたが、後にマスケファ英語版の住民によって復元された[4]。2011年4月にはバレアレス諸島マヨルカ島に唯一存在した看板が、独立運動家などによって破壊された[5]

自治州別の看板数[編集]

県別の看板数
2014年時点
自治州/自治市 枚数 自治州/自治市 枚数
アンダルシア州 23 エストレマドゥーラ州 5
アラゴン州 6 ガリシア州 5
アストゥリアス州 5 マドリード州 2
バレアレス諸島州 1 メリリャ(自治市) 1
カナリア諸島州 1 ムルシア州 0
カスティーリャ=ラ・マンチャ州 13 ナバーラ州 1
カスティーリャ・イ・レオン州 14 ラ・リオハ州 2
カンタブリア州 0 バレンシア州 11
カタルーニャ州 0 バスク州 1
セウタ(自治市) 0 合計 91

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]