オスカー・デ・ラ・レンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オスカー・デ・ラ・レンタ
Oscar de la Renta
Oscar de la Renta by foto di matti.jpg
生誕 (1932-07-22) 1932年7月22日
ドミニカ共和国
死没 (2014-10-20) 2014年10月20日(82歳没)
アメリカ合衆国
受賞 CFDA(アメリカ・ファッション協議会)ファッション・アワード功労賞

オスカー・デ・ラ・レンタOscar de la Renta1932年7月22日 - 2014年10月20日[1])はアメリカ合衆国ファッションデザイナードミニカ共和国出身。

保険会社を営むプエルトリコ出身の父、スペイン系の母のもとに生まれた[2]。7人兄弟の第1子で、唯一の男児であった[3]。19歳で絵画を学ぶためマドリード王立サン・フェルナンド美術アカデミーに留学[4]。金を稼ぐために、新聞やファッション・ハウスのため服を描き始めた。当時の駐スペイン・アメリカ合衆国大使ジョン・デイヴィス・ロッジの妻フランセスカが、彼の描いたスケッチに目をとめ、娘の着るガウンのデザインをデ・ラ・レンタに依頼した。このドレスは秋に発行されたライフの表紙に登場した。彼はすぐにファッション・デザインの世界に関心を持つようになり、スペインをリードするファッション・ハウスのためにスケッチを始めた。その後すぐに、スペインで最も有名なクチュリエであったクリストバル・バレンシアガのもとで見習いとなった。彼はバレンシアガを師と仰いだ[5]。デ・ラ・レンタは、パリのランバンでオートクチュールのアシスタントをすることになったアントニオ・カスティーリョ(のちに衣装デザイナーとなって1971年度のアカデミー衣裳デザイン賞を受賞する)と合流するためスペインを発った[6]

デ・ラ・レンタはエリザベス・アーデンで2年働いた後、1965年よりジェーン・ダービーに入った[7] 。同年8月にダービーが死去すると、Oscar de la Renta for Jane Derbyのブランド名で再出発したが、1966年より自身の名前オスカー・デ・ラ・レンタのブランド名に変更した[8]

1993年から2002年まで、フランスのクチュール・メゾンであるピエール・バルマンのオートクチュールのクチュリエとなった。彼はフランスのオートクチュール初のドミニカ共和国出身クチュリエとなった。

デ・ラ・レンタは1967年と1968年の2度、コティ賞を受賞し、1973年にはコティ賞の殿堂入りを果たした[9]

1973年から1976年、1986年から1988年の2度、アメリカ・ファッション協議会(CFDA)の会長を務めた[10]

出典[編集]

  1. ^ オスカー・デラレンタ氏が死去―著名デザイナー アーカイブ 2015年1月2日 - ウェイバックマシン THE WALL STREET JOURNAL 2014年10月21日
  2. ^ Savio, Anita (2001年10月1日). “Hot couture”. Latino Leaders. 2014年10月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月21日閲覧。
  3. ^ Horyn, Cathy; Nemy, Enid (20 October 2014). "Oscar de la Renta, Who Clothed Stars and Became One, Dies at 82". The New York Times. Retrieved 20 October 2014.
  4. ^ Ahmed, Saeed; Ford, Dana (2014年10月20日). “Oscar de la Renta, legendary fashion designer, dies at 82”. CNN.com. http://www.cnn.com/2014/10/20/living/oscar-de-la-renta-death/index.html?hpt=hp_t1 21 October 2014閲覧。 
  5. ^ Feitelberg, Rosemary (2013年11月7日). “Oscar de la Renta Sits for Q&A at the Design Leadership Summit”. WWD. 2013年11月7日閲覧。
  6. ^ Óscar de la Renta”. 2012年6月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  7. ^ Óscar de la Renta 1965”. 2012年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  8. ^ Kent University Museum”. 2009年3月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月3日閲覧。
  9. ^ Óscar de la Renta 1967”. 2012年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  10. ^ Óscar de la Renta 1973”. 2012年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]