オシメルチニブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オシメルチニブ
Osimertinib.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com entry
法的規制
投与方法 Oral tablets
薬物動態データ
血漿タンパク結合 Probably high[1]
代謝 Oxidation (CYP3A)
半減期 48 hours
排泄 Feces (68%), urine (14%)
識別
CAS番号
1421373-65-0
PubChem CID: 71496458
DrugBank DB09330
ChemSpider 31042598
UNII 3C06JJ0Z2O
KEGG D10766
ChEBI CHEBI:90943 チェック
別名 AZD9291
化学的データ
化学式 C28H33N7O2
分子量 499.62 g·mol−1

オシメルチニブ(Osimertinib、旧名:メレレチニブ、mereletinib[2])は、第三世代の上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害薬英語版(TKI)である[3][4]。商品名タグリッソ

効能・効果[編集]

EGFRチロシンキナーゼ阻害薬に抵抗性のEGFR T790M 変異陽性の手術不能または再発非小細胞肺癌

副作用[編集]

重大な副作用に設定されているものは、間質性肺疾患(2.7%)(間質性肺炎、肺臓炎等)、QT間隔延長(2.9%)、血小板減少(12.7%)、好中球減少(8.0%)、白血球減少(9.2%)、貧血(5.1%)、肝機能障害(7.8%)である[5]

臨床試験での副作用発現率は86.4%であり、主な内訳は、発疹・痤瘡等155例(37.7%)、下痢150例(36.5%)、皮膚乾燥・湿疹等117例(28.5%)、爪障害(爪囲炎を含む)96例(23.4%)等であった。また日本人のみについて見た場合、間質性肺疾患が6.3%に起こっている[5]

承認取得状況[編集]

2015年11月、優先審査保証英語版の後、米国FDAはオシメルチニブをEGFRチロシンキナーゼ阻害薬治療後に増悪したを転移性EGFRT790M英語版 変異陽性非小細胞肺癌(NSCLC)の治療薬として迅速承認英語版した[6][7]

FDAの承認は承認された方法でEGFR T790M 変異が確認された患者に対する2本の臨床試験の結果に基いて与えられた[1][8]

欧州では2016年2月に2本の第II相臨床試験(AURA延長試験およびAURA2試験)に基いて承認された[9]

日本では2016年3月に欧州と同じ試験の結果を根拠にして承認された[10]

臨床試験[編集]

オシメルチニブは第一選択治療薬としての早期臨床試験の段階にある[11]

出典[編集]

  1. ^ a b Tagrisso (osimertinib) Tablet, for Oral Use. Full Prescribing Information”. AstraZeneca Pharmaceuticals LP, Wilmington, DE 19850. 2015年11月16日閲覧。
  2. ^ “Proposed INN: List 113”. International Nonproprietary Names for Pharmaceutical Substances (INN) 29 (2): 285. (2015). http://www.who.int/medicines/publications/druginformation/INN_List113.pdf 2015年11月16日閲覧。. 
  3. ^ Ayeni D, Politi K, Goldberg SB (2015). “Emerging Agents and New Mutations in EGFR-Mutant Lung Cancer”. Clin. Cancer Res. 21 (17): 3818–20. doi:10.1158/1078-0432.CCR-15-1211. PMID 26169963. 
  4. ^ Tan CS, Gilligan D, Pacey S (2015). “Treatment approaches for EGFR-inhibitor-resistant patients with non-small-cell lung cancer”. Lancet Oncol. 16 (9): e447–59. doi:10.1016/S1470-2045(15)00246-6. PMID 26370354. 
  5. ^ a b タグリッソ錠40mg/タグリッソ錠80mg 添付文書” (2016年5月). 2016年7月11日閲覧。
  6. ^ U.S. Food and Drug Administration. Hematology/Oncology (Cancer) Approvals & Safety Notifications. [1]
  7. ^ Xu M, Xie Y, Ni S, Liu H (2015). “The latest therapeutic strategies after resistance to first generation epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors (EGFR TKIs) in patients with non-small cell lung cancer (NSCLC)”. Ann Transl Med 3 (7): 96. doi:10.3978/j.issn.2305-5839.2015.03.60. PMC 4430733. PMID 26015938. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4430733. 
  8. ^ U.S. Food and Drug Administration. "Osimertinib". [2]
  9. ^ Tagrisso (osimertinib) approved in EU as first-in-class treatment for patients with EGFR T790M mutation-positive metastatic non-small cell lung cancer
  10. ^ アストラゼネカのタグリッソ(オシメルチニブ) 、EGFR T790M変異陽性転移非小細胞肺がん治療薬として国内における製造販売承認を取得”. アストラゼネカ (2016年3月28日). 2016年6月13日閲覧。
  11. ^ First-Line Osimertinib Yields Nearly 80% Response in Advanced Lung Cancer. April 2016