オオハシカッコウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオハシカッコウ
オオハシカッコウ
オオハシカッコウ Crotophaga ani
モルネ・ディアブロティンス Morne Diablotins付近、
ドミニカ国
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カッコウ目 Cuculiformes
: カッコウ科 Cuculidae
: オオハシカッコウ属 Crotophaga
: オオハシカッコウ C. ani
学名
Crotophaga ani
(Linnaeus, 1758)
和名
オオハシカッコウ
英名
Smooth-billed Ani
分布図
オオハシカッコウ Crotophaga ani 分布図

オオハシカッコウ(大嘴郭公、Crotophaga ani) は、カッコウ目カッコウ科鳥類である。

分布[編集]

フロリダ州南部、バハマ西インド諸島中央アメリカの一部、エクアドル南部から西部、ブラジルアルゼンチン北部に留鳥として繁殖する。

形態[編集]

Crotophaga aniAPP048CB.jpg

全長約33cm[1] (30-36cm)[2][3]、体重約105g[4] (71-133g)[2][3]ミゾハシカッコウ (Crotophaga sulcirostris) より大きく、オニオオハシカッコウ (Crotophaga major) より小さい中型の種。成鳥は全体がほとんど黒色で、尾は長く、嘴は大きく隆起して黒く、虹彩は褐色。

生態[編集]

開けた土地や耕作地に生息する。飛行は下手で不安定であるが、よく動き、通常は地面で採餌する。

シロアリ、大型昆虫、その他トカゲカエルも餌にする。 時折、草食動物からダニなどの寄生生物を取ることもある。

巣は、数組のつがいにより共同で作られ、葉で裏打ちされた深い碗状のものを、通常樹木の2-6mの高さに設ける。複数の雌が、に青白色のを産み、その後抱卵と給餌を共有する。

雌はそれぞれ多くて7個の卵を産み、巣では29個まで卵があるのが確認されているが、10個以上孵化するのはまれである。13-15日間抱卵し、孵化後10日間で巣立つ。最大3羽の雛が1回の繁殖期に育てられると考えられ、以前に孵った若鳥が、より最近の幼鳥に餌をやるのを助ける。

この種はよく群れとなり、通常、騒がしい群れで見られる。鳴き声は高く引っ張るようにウィウーイック、ウューイック[5] (ooo-leeek) と聞こえる。

人間との関係[編集]

普通種でよく見られる本種は、森林破壊による恩恵を大いに得ている。

本種はベネズエラの伝承では “El pijul” と呼ばれ、人気のあるベネズエラの歌 “Son Jarocho” にも示される。

脚注[編集]

  1. ^ Stevan L. Hilty, William L. Brown, A Guide to the Birds of Colombia, Princeton Univercity Press, (1986) p. 220-221. ISBN 0-691-08372-X
  2. ^ a b [1] (2011).
  3. ^ a b CRC Handbook of Avian Body Masses by John B. Dunning Jr. (Editor). CRC Press (1992), ISBN 978-0849342585.
  4. ^ David Allen Sibley, The SIBLAY guide to Birds, Natonal Audubon Society, (2000) p. 269. ISBN 0-679-45122-6
  5. ^ 三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』、三省堂、2005年、94頁。

参考文献[編集]

  • ffrench, Richard (1991). A Guide to the Birds of Trinidad and Tobago (2nd edition ed.). Comstock Publishing. ISBN 0-8014-9792-2. 
  • Hilty, Steven L (2003). Birds of Venezuela. London: Christopher Helm. ISBN 0-7136-6418-5. 

外部リンク[編集]