エンリケ・サボリド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンリケ・サボリド
生誕 1877年
出身地 ウルグアイの旗 ウルグアイ
モンテビデオ
死没 (1941-11-19) 1941年11月19日(64歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノス・アイレス
ジャンル タンゴ
職業 ピアニストヴァイオリニスト作曲家
担当楽器 ピアノヴァイオリン

エンリケ・サボリドEnrique Saborido, 1877年 - 1941年11月19日)は、タンゴ作曲家ピアニストとして活躍したアルゼンチンの音楽家。

人物[編集]

ウルグアイのモンテビデオ生まれ。幼い時にブエノスアイレスに移住し、書店員を経て、15年間、サン・マルティン劇場の事務局で働く。

1905年に、ラ・モローチャ La morocha を作曲する。この曲は、サボリドの出世作であるのと同時に、リベルタ・ラマルケのこの歌の録音が、今でもよく聴かれている。

1907年に、ダンスサロンの常連客の名をとって作られたタンゴフェリシア Felicia を作曲したことで知られる。

その他、タンゴの曲を多数作曲している。

著名な作品[編集]

外部リンク[編集]