エンガーニョ岬 (パラウイ島)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンガーニョ岬 (パラウイ島)の位置(フィリピン内)
エンガーニョ岬 (パラウイ島)
フィリピン内の位置

エンガーニョ岬(エンガーニョみさき、英語: Cape Engañoスペイン語: Cabo Engaño)は、フィリピンルソン島北東端の沖合に位置するパラウイ島英語版北東端の半島[1]。行政上はカガヤン州基礎自治体であるサンタアナ英語版の一部であり、緑豊かな景観、白砂の砂浜、エンガーニョ岬灯台英語版で知られている。

エンガーニョ岬の名は、かつて日本語では「エンガノ岬」と表記され、第二次世界大戦中のレイテ沖海戦の一環として戦われたエンガノ岬沖海戦 (battle of Cape Engaño) にも付けられたが、実際のこの戦闘は岬から東方200マイルほど離れた開けた海域で行われた。この海戦では、大日本帝国海軍空母瑞鶴瑞鳳千歳千代田が繰り返し空爆を受け、3隻の軽巡洋艦と9隻の駆逐艦とともに沈没した。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Coast and Geodetic Survey. "Philippine Islands Sailing Direction, Third edition", p.32-33. Manila Bureau of Printing, 1906.

座標: 北緯18度34分42秒 東経122度08分28秒 / 北緯18.57833度 東経122.14111度 / 18.57833; 122.14111