エレニ・カラインドルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレニ・カラインドルー
Ελένη Καραΐνδρου
生誕 (1941-11-25) 1941年11月25日(79歳)
出身地 ギリシャの旗 ギリシャ ティヒオ
ジャンル クラシック音楽映画音楽
職業 作曲家、ピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 1975年 -
レーベル ECM

エレニ・カラインドルー[1]英語: Eleni Karaindrouギリシア語: Ελένη Καραΐνδρου1941年11月25日[2] - )は、ギリシャの女性作曲家

経歴[編集]

ティヒオΤείχιο)に生まれ、アテネで成長[2]エリニコ・オディオΕλληνικό Ωδείο)でピアノ音楽理論を学び、1969年から1974年にかけてパリで民族音楽を研究し、ギリシャに戻った。

映画音楽や劇場用音楽の作曲など、多方面で活躍している。多くの映画監督との協力関係があるが、1982年以来、テオ・アンゲロプロスの多くの映画作品(『霧の中の風景』『永遠と一日』『エレニの旅』など)で作曲をしている。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • The Great Vigil (1975年、Minos)
  • The Price of Love (1983年、Minos)
  • Voyage to Cythera (1984年、Minos)
  • The Beekeeper (1986年、Minos)
  • Landscape in the Mist (1988年、Milan)
  • Herod Atticus Odeon (1988年、Minos) ※ライブ
  • L'Africana (1990年、Minos)
  • Unreleased Recordings (1991年、Minos)
  • The Suspended Step of the Stork (1991年、Minos)
  • 『ミュージック・フォー・フィルムズ』 - Music for Films (1991年、ECM)
  • 『「こうのとり、たちずさんで」オリジナル・サウンドトラック』 - The Suspended Step of the Stork (1992年、ECM)
  • 『「ユリシーズの瞳」オリジナル・サウンドトラック』 - Ulysses' Gaze (1995年、ECM)
  • Rosa, Wandering (1996年、Lyra)
  • 『「永遠と一日」オリジナル・サウンドトラック』 - Eternity and a Day (1998年、ECM)
  • 『トロイアの女たち』 - Trojan Women (2001年、ECM)
  • 『「エレニの旅」オリジナル・サウンドトラック』 - Trilogy 1 The Weeping Meadow (2004年、ECM)
  • 『絶滅に寄せる哀歌』 - Elegy of the Uprooting (2005年、ECM) ※ライブ。DVD版もある
  • The 10 (Greek TV: "το 10") (2008年、Mikri Arktos/ECM)
  • Dust of Time (2009年、ECM)
  • 『コンサート・イン・アテネ』 - Concert in Athens (2013年、ECM) ※ライブ
  • Medea (2014年、ECM)
  • Music for the Small Screen - Original Recordings [1976-1989] (2014年、Mikri Arktos)
  • Music and songs for the theater (2015年、Mikri Arktos) ※1983年-1993年録音
  • Pothοi Kato Apo Tis Lefkes / Glyko Pouli Tis Niotis (2017年、Mikri Arktos)
  • 『ダヴィデ』 - David (2016年、ECM)
  • Tous des Oiseaux (2019年、ECM)

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エレニ・カラインドロウ」と転写されることもあるが、ギリシャ語の"ρου"は「ル」もしくは「ルー」と転写し得るものである。
  2. ^ a b Ankeny, Jason. “Eleni Karaindrou - Biography”. AllMusic. 2015年3月16日閲覧。

出典・外部リンク[編集]