エルメネジルド・ゼニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エルメネジルド・ゼニア
Ermenegildo Zegna
業種 ファッション
設立 1910年
創業者 Ermenegildo Zegna ウィキデータを編集
本社
製品 紳士服布地
ウェブサイト エルメネジルド・ゼニア

エルメネジルド・ゼニア Ermenegildo Zegna)は、1910年にエルメネジルド・ゼニアによって創立されたイタリアを代表する世界的高級ファッションブランドミラノに本社を置く。

歴史[編集]

19世紀後半、アンジェロ・ゼニアが羊毛の製織を開始。1892年に生まれたその末息子のエルメネジルド・ゼニアが1910年に服地工場を設立したのがエルメネジルド・ゼニア社(ゼニア社)の始まりである。ゼニア社の服地は1938年にアメリカ合衆国への輸出が始まり、1940年までに40か国以上で販売されるようになった[1]

1960年代に入るとエルメネジルドの息子であるアンジェロとアルドが事業を引き継ぎ、1968年にプレタポルテ事業、1972年にパターンオーダー事業を開始した。また、1980年代にはミラノとパリに単独ブランドの店舗を開いている[2]

現在、エルメネジルド・ゼニアは80以上の国・地域の555店舗で販売されており、そのうち311店舗が直営店である[3]。また、2010年12月にはオンラインショップもオープンしている[4]


日本での販売:

日本での販売は昭和35年に京都の有本㈱がこのErmenegildo Zegnaと総代理店契約を結び、最初に生地の販売を始め、その後、紳士既製服Grittiの販売を始める。この時、実際の販売問屋として、鷹岡㈱、三喜商事㈱、ストック&ゼノック㈱、伊部㈱が当たる。鷹岡㈱はその生地の輸入業務に就く、これが昭和52年まで続き、その後、Ermenegildo Zegna Japanの登場になる。

この間、1973年6月には日本のトップテーラー230人が参加したFirst Italian Styling Seminarが有本㈱と鷹岡㈱で企画され、KLMのジャンボジェット機を借り切りイタリーのゼニア社を訪問してセミナーを受けた。

現在、1部上場企業の㈱パルの井上会長もその時の参加者の一人である。

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]