エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア
Freddy's Dead: The Final Nightmare
監督 レイチェル・タラレイ
脚本 マイケル・デ・ルカ
製作 ロバート・シェイ
アロン・ワーナー
製作総指揮 マイケル・デ・ルカ
出演者 ロバート・イングランド
音楽 ブライアン・メイ
撮影 デクラン・クイン
編集 ジャニス・ハンプトン
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年9月13日
日本の旗 1992年1月11日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,000,000[1]
興行収入 $34,872,033[1]
前作 エルム街の悪夢5 ザ・ドリームチャイルド
次作 エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア
テンプレートを表示

エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア』(エルムがいのあくむ ザ・ファイナルナイトメア、Freddy's Dead: The Final Nightmare)は、1991年アメリカ映画

概要[編集]

エルム街の悪夢』シリーズ第6作であり、完結編である。3D映画として公開された。

ストーリー[編集]

フレディが消えて暫く経ったある日、エルム街の近くの町の更生施設でマギーはホームレスの若者のカウンセラーをしていた。マギーはかつてエルム街でフレディを目撃したという少年ジョンと出会い、話を聞くと、それが自分が見た悪夢と酷似していると気づく。そしてマギーは、フレディが作った悪夢の街・スプリングウッドへと旅立ち、戦いを挑もうとする。

キャスト[編集]

フレディ・クルーガーロバート・イングランド
人の夢の中に出現し、殺人を続ける殺人鬼。今作では、何故殺人鬼になったのか、生前の姿や家族のことなども明かされ、実の娘と最後の対決をする。
マギー・バローズ:リサ・ゼイン
未成年者橋正所の指導者で今作の主人公。ジョンやトレイシー達と共にスプリングウッド祭に行くが、誰もおらず、そこで「行方不明」、「指名手配」、「死体発見」などの新聞の切り抜きを発見する。途中でフレディの娘だと明らかになる。
ジョン・ドゥー:ション・グリーンブラット
男性。飛行機の中でフレディの悪夢に会い、その後地上で、フレディが乗るバスに衝突するが目を覚まし、ポケットには「クルーガーの妻、行方不明」という新聞の切り抜きが入っていた。自身をフレディの息子と思い込む。
ドック:ヤフェット・コットー
ドクター。マギーやトレイシーと共にフレディと戦う。フレディを夢の世界から現実に引っ張り出す作戦を提案して倒そうとする。
トレイシー:レズリー・ディーン
女性。ジョンや仲間とともにフレディの悪夢に会ってしまう。
スペンサー:ブレッキン・メイヤー
男性。ジョン達と共にフレディの悪夢に会ってしまう。
カルロス:リッキー・ディーン・ローガン
男性。他の友人と共にフレディの悪夢に会ってしまう。
テレビの中の男性:ジョニー・デップ(カメオ出演)
スペンサーが見るテレビに出ており、目玉焼きを作っている。

スタッフ[編集]

配役[編集]

第一作目に出演したジョニー・デップがゲスト出演している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Freddy's Dead: The Final Nightmare (1991)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]