エルタ・アレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エルタ・アレ
Erta Ale.jpg
2008年5月1日撮影
標高 613 m
所在地 エチオピアの旗 エチオピア
ダナキル砂漠
位置 北緯13度36分00秒
東経40度40分00秒
座標: 北緯13度36分00秒 東経40度40分00秒
山系 アファール盆地
種類 楯状火山
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
エルタ・アレの溶岩湖(2001年撮影)

エルタ・アレ(Erta Ale)はエチオピア北東部・ダナキル砂漠内にある活火山

概要[編集]

標高613m。エルタ・アレとは現地に住む遊牧民族・アファール族の言葉で「煙の山」を意味する。山頂に2つの火口があり、そのうちの1つの火口内には世界的にも数少ない恒常的な溶岩湖がある。活動中の溶岩湖としては最も古く、地表にある火山の中では最も低いとされている。エチオピア国内で最も活発な火山で、現在も活発である。

火山活動[編集]

1873年1904年1906年1940年1960年1967年噴火した記録がある。2005年からは火山活動が継続状態となっている。2005年に噴火したときは、エルタ・アレ山の周辺住民数千人が避難。避難したため人的被害はなかったが、家畜250頭が死んだ。2007年にも噴火し、周辺住民数千人が再び避難したが、2人が行方不明となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]