エリザベス・トンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


エリザベス・トンプソン
Elizabeth Thompson
Portrait of Elizabeth Thompson.jpg
生誕 1846年11月3日
スイス,ローザンヌ
死没 1933年10月2日
アイルランド,Gormanston, County Meath

エリザベス・トンプソン(Elizabeth Southerden Thompson、1877年に結婚した後、バトラー夫人: Lady Butlerとも呼ばれる、1846年11月3日 - 1933年10月2日)はイギリスの画家である[1] 。戦争の情景を描いた。

略歴[編集]

スイスローザンヌでイギリス人の両親のもとに生まれた。妹のアリス・メネル(Alice Meynell:1847-1922)は詩人、随筆家として有名になった。イタリアで育てられ、1862年から美術の教育を受け、1866年にロンドンのサウスケンジントンの女子美術学校で学んだ。1869年にフィレンツェに移り、ジュゼッペ・ベルッチに学び、フィレンチェの美術学校(Accademia di Belle Arti di Firenze)に入学した.[2][3][4]

初め宗教に関する絵画を描いていたが1870年にパリに移った後、エルネスト・メソニエエドゥアール・デタイユの作品に触れて、戦争の場面を描くようになった。普仏戦争の一般の兵士やクリミヤ戦争で疲れ切った兵士の隊列を描いた『点呼』のような作品を描いた。1874年の夏にロイヤル・アカデミーに出展した作品は多くの人々が鑑賞に訪れた[5]。若い女性画家が戦争画を描くことも人気の要因であった。1877年にアイルランド出身の軍人、ウィリアム・バトラー(William Francis Butler :1838–1910)と結婚した。

1879年に、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの準会員にあと2票あれば選ばれるところまで近ずいた。ロイヤル・アカデミー創立時の2人の女性画家を除いて、女性会員は1922年にアニー・スウィナートンが準会員に選ばれるまででていない。結婚後は軍人の夫とともに世界各地のイギリス植民地に赴任し、6人の子供を育てながら、妹のアリス・メネルの著作の挿絵なども描いた。

夫の引退後はアイルランドで暮らし、1892年からアイルランドの王立ハイバーニアン・アカデミー(Royal Hibernian Academy)の展覧会などに出展した。1893年のシカゴ万国博覧会の展覧会にも出展した。

作品[編集]

著作[編集]

  • Letters from the Holy Land (London: A & C Black, 1903).
  • From Sketch-book and Diary (London: A & C Black, 1909)
  • An Autobiography (London: Constable & Co., Ltd., 1923).
  • Autobiography (Sevenoaks: Fisher Press, 1993). 1-874037-08-6

脚注[編集]

  1. ^ “Butler (Elizabeth), Lady”. Who's Who 59: 264. (1907). https://books.google.com/books?id=yEcuAAAAYAAJ&pg=PA264. 
  2. ^ Usherwood, Paul, and Jenny Spencer-Smith, (1987). - Lady Butler, Battle Artist, 1846-1933. - Gloucester: Sutton. - 0-86299-355-5
  3. ^ Elizabeth Thompson (Lady Butler) Archived 9 December 2004 at the Wayback Machine. - Spartacus Educational Schoolnet. - Retrieved: 2005-05-01
  4. ^ Obituary: The Times. 3 October 1933.
  5. ^ The Great Spectacle:: 250 Years of the Summer Exhibition. Royal Academy of Arts. (2018). pp. 105. ISBN 978-1-910350-70-6. 

参考文献[編集]

  • Fillimore, Francis. - "Britain's Battle Painter: Lady Butler and Her Art". - New England Home Magazine. - Vol. XII, No. 13, September 1900, pp. 579–587 (also published in Windsor Magazine. - Vol. XI, December 1899-May 1900, pp. 643–652)
  • Gladwell, Malcolm. (2016). "The Lady Vanishes". - Episode 1, Season 1, Revisionist History Podcast. http://revisionisthistory.com/episodes/01-the-lady-vanishes
  • Gormanston, Eileen. (1953). - A Little Kept. - New York: Sheed and Ward
  • Harrington, Peter. (1993). - British Artists and War: The Face of Battle in Paintings and Prints, 1700-1914. - London: Greenhill. - ISBN 1-85367-157-6
  • Lalumia, Matthew Paul. - "Lady Elizabeth Thompson Butler in the 1870s". - Woman's Art Journal. - Vol. 4, No. 1, Spring-Summer 1983, pp. 9–14
  • Lee, Michael. - "A Centenary of Military Painting". - Army Quarterly. - October 1967
  • Meynell, Wilfrid. (1898). - The Life and Work of Lady Butler. - London: The Art Annual
  • O'Byrne, M. K. - "Lady Butler". - Irish Monthly. - December 1950
  • Usherwood, Paul. - "Elizabeth Thompson Butler: a case of tokenism." - Woman's Art Journal. - Vol. 11, Fall-Winter 1990-91, 14-15
  • Usherwood, Paul, and Jenny Spencer-Smith, (1987). - Lady Butler, Battle Artist, 1846-1933. - Gloucester: Sutton. - ISBN 0-86299-355-5
  • Walker, J. Crompton. (1927). - Irish Life & Landscape. - Dublin: Talbot Press
  • Irish Arts Review. - "The Royal Scottish Academy Exhibitors 1826-1990". - Volume 4 Number 4: Winter 1987. (Calne 1991)
  • Chapter 3,The Victorian Artist by Julie Codell, 2012, Cambridge UP.
  • Chapter 5, Masculinities in Victorian Painting by Joseph Kestner, 1995, Scolar Press.