エメンタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エメンタール (Emmental) は、スイスベルン州ベルンの東に広がるエンメ川流域の丘陵地帯である。エンメ川の谷を意味する。エンメ川はアーレ川の支流で、ブリエンツ湖の北に位置する山、Hohgrant (2197m) をその水源としている。

概要[編集]

エメンタール地方の農家

エメンタール地方は酪農が盛んな地域で、穴空きチーズとして有名なスイスを代表するチーズ、エメンタールチーズの産地となっている[1]

巨大な切妻屋根と、窓辺を花で飾った小さな窓が特徴のベルン州の民家は、エメンタール地方でよく目にすることができる。アイガーメンヒユングフラウをはじめとするベルナーアルプスの眺望とともに夏はハイキング、冬はスノーシューハイキングができる。この他、ゴルフ、乗馬、サイクリング、砂金掘りなど多彩なアクティビティも可能。エメンタール地方の村アフォルテルンには、エメンタールチーズ製造の工程を見学できる Emmental Show Dairy がある。

19世紀には小説家イェレミアス・ゴットヘルフが居を構えた。エメンタール地方の民話をベースに創作した「黒い蜘蛛」は、スイスを代表する小説の一つとなったことでも知られる。

主な町と村[編集]

  • ブルクドルフ Brugdorf

エメンタール地方の西の入り口となる町で、ベルンから直通列車で行くことができる。12世紀にツェーリンゲン家によって建てられた城がある。近郊のルーエク山の頂上からジュラ山脈とベルナー・アルプスのパノラマが広がる。

  • ズミスワルト Sumiswald

ブルクドルフの東に位置する小さな村で、美しい特徴のある木造の家を見ることができる。

  • ラングナウ Langnau

エメンタールチーズ生産の中心地。伝統工芸などを展示する郷土博物館がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『地球の歩き方 2016〜17 スイス』 ダイヤモンド・ビッグ社、2016年、398頁。ISBN 978-4-478-04886-3

出典[編集]