エミール・クローンケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エミール・クローンケEmil Kronke, 1865年11月29日 - 1938年12月16日)は、ドイツ後期ロマン派音楽作曲家

ダンツィヒに生まれる。両親によって早くから楽才を育まれた後、ライプツィヒ音楽院ドレスデン音楽院で専門教育を受け、カール・ライネッケフェリックス・ドレーゼケテオドール・キルヒナージャン・ルイ・ニコデトーマス教会オルガニストのカール・ピウッティらに師事。22歳以降はドレスデンに定住し、同地でピアノ教師やピアニストとしてだけでなく、室内楽奏者としても活動した。作曲家としてはピアノ曲だけでなく、ピアノと管弦楽のための作品や、さまざまな楽器のための小品、とりわけフルートのための小品を手掛けた。ドレスデンにて没。

主要作品[編集]

  • フルートとピアノのための《古風な様式による組曲》作品81 Suite im alten Stil für Flöte und Klavier
  • フルートと弦楽オーケストラのための《古風な様式による室内協奏曲》作品112 Kammerkonzert im alten Stil für Flöte und Streichorchester
  • フルートとピアノのための《古風な様式による組曲 第2番》作品160 Zweite Suite im alten Stil
  • 2つのフルートとピアノのための《2匹の蝶々》作品165 Deux Papillons für 2 Flöten und Klavier
  • 4つのフルートのための《自作主題によるパラフレーズ》作品184 Paraphrasen über ein eigenes Thema für 4 Flöten
  • フルートとピアノのための易しい小品集《ハチドリ》作品210 Kolibris. Kleinste leichte Stücke für Flöte und Klavier