エマ・カークビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エマ・カークビー
Emma Kirkby
生誕 (1949-02-26) 1949年2月26日(72歳)
ジャンル クラシック音楽
担当楽器 ソプラノ歌手
公式サイト www.emmakirkby.com

キャロリン・エマ・カークビー英語: Carolyn Emma Kirkby1949年2月26日 - )は、イギリスソプラノ歌手。父親はイギリス海軍の将校ジェフリー・ジョン・カークビー英語版である。

オックスフォード大学で古典を学んだ後、初めは英語教師として活動するかたわら、合唱団のメンバーとして演奏活動を開始する。その後1969年リュート奏者のアントニー・ルーリー英語版らと共に、ルネサンス以降の音楽を専門とするコンソート・オブ・ミュージック英語版を創設。名実ともに古楽界における女性歌手の第一人者であり、端整で透明感ある独特な美声とノン・ヴィブラート唱法によって、「天使の声」と呼ばれて親しまれた。

近年、声質や表現に変化が見られ、情念のこもった歌い方によって新境地を開くとともに、演奏・録音の両面においてモダン楽器と共演する機会が増えつつある。

カークビーの声の特徴は、ホグウッドの指揮によるモーツァルトの《エクスルターテ・ユビラーテ》の録音に端的に示されている。

2001年に楽譜が発見されたヘンデル作曲のグローリア英語版の世界初録音を行った[1]

脚注[編集]

  1. ^ Händel - Gloria | bis.se”. 2021年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]