エチルバニリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エチルバニリン
ethyl vanillin[1]
識別情報
CAS登録番号 121-32-4
特性
化学式 C9H10O3
モル質量 166.18
外観 針状結晶
匂い 強いバニラ
融点

77~78℃

沸点

285℃

への溶解度 微溶
溶解度 アルコール、油類に可溶
危険性
引火点 146℃
半数致死量 LD50 2g/kg以上(ラット経口)
関連する物質
関連物質 バニリン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

エチルバニリン: ethyl vanillin)は、化学式C9H10O3で表される有機化合物であり、バニロイド類の一種。天然には存在が確認されていない合成香料の一つ。

用途[編集]

バニリンと同様に菓子アイスクリーム等のフレーバーとして広く用いられる。バニリンと併用されることもあるが、バニリンに比べ着色性が低いため、変色を嫌う製品については代替品として使用される。香気はバニリンの2 - 2.5倍ほどであり、最終製品に対する使用量は20 - 250ppmほどである[1]

合成[編集]

天然には存在しない物質であり、下記の手法により合成される。

  1. カテコールエチル化。
  2. グリオキシル酸を加え、マンデル酸誘導体とする。
  3. 酸化
  4. さらに脱炭酸によりエチルバニリンが得られる。

Synthesis Ethylvanillin.svg

安全性[編集]

半数致死量(LD50)は、ラットへの経口投与で2g/kg以上[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『合成香料 化学と商品知識』印藤元一著 2005年増補改訂 化学工業日報社 ISBN 4-87326-460-x