エスポー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エスポー駅
駅構内
駅構内
Espoo
所在地  フィンランド エスポー
管理者 VR
所属路線 ヘルシンキ・トゥルク線
キロ程 20.2km(ヘルシンキ中央起点)
駅構造 地上駅
ホーム 4線
乗降人員
-統計年度-
約7,200人/日
-2008年-
開業年月日 1903年
テンプレートを表示

エスポー駅(フィンランド語: Espoon rautatieasemaスウェーデン語: Esbo järnvägsstation))はフィンランドエスポー市ケスクス地区にある鉄道駅トゥオマリラ駅カウクラティ駅の間に位置しヘルシンキ中央駅より20km離れている。エスポー駅はヘルシンキ近郊列車が停車する他、エスポー市内ではVRグループの長距離列車が停車する唯一の駅である。

歴史[編集]

旧駅舎は建築家ブルノ=グランホルム( Bruno Granholm)設計により1903年に建てられ、1909年に拡張された。駅舎は多くの細かな装飾が施されていた。1903年から1981年までの間、エスポー駅の駅舎は郵便局としても運営され、駅長と郵便局長は兼ねられていた。現在ではエスポー駅は橋上駅舎となり、郵便局は線路の南側にある。旧駅舎は100年以上経た今日でも現存している。