エクスカリボサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エクスカリボサウルス
Excalibosaurus costini
Excalibosaurus costini
地質時代
ジュラ紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : ?広弓亜綱 Euryapsida
?双弓亜綱 Diapsida
: 魚竜目 Ichthyosauria
亜目 : ユーリノサウルス亜目 Eurhinosauria
: レプトネクテス科 Leptonectidae
: エクスカリボサウルス属 Excallibosaurus
学名
Excalibosaurus
McGowan, 1986
  • E. costini McGowan, 1986

エクスカリボサウルスExcalibosaurus、エクスカリバートカゲの意)は、ジュラ紀前期のシネムーリアン時代にイギリス周辺の海に生息していた魚竜の一種。爬虫類広弓亜綱魚竜上目魚竜目レプトネクテス科に属する。

全長7メートル。カジキのような鋭く伸びた上アゴを持っており、その姿がアーサー王伝説に出てくる王者の剣「エクスカリバー」を思わせるため、それにちなんでこの名が付けられた。しかしその上アゴはユーリノサウルスほど長くはなく、その直系の祖先という説が有力とされている。

関連項目[編集]