エウダミダス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エウダミダス2世古希: Εὐδαμίδας[1]、在位:紀元前275年 - 紀元前245年)はエウリュポン朝のスパルタ王である。

エウダミダス2世は先代の王アルキダモス4世の子で、次代の王アギス4世アルキダモス5世の父である[2][3]。史料の沈黙のために、エウダミダスの治世についてはよく分かっていない。

脚注[編集]

  1. ^ ギリシア語ラテン翻字: Eudamidas II
  2. ^ プルタルコス, 「アギス」, 3
  3. ^ プルタルコス, 「クレオメネス」, 1

参考文献[編集]


先代:
アルキダモス4世
スパルタ王(エウリュポン朝)
紀元前275年 - 紀元前245年
次代:
アギス4世