エアパワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エアパワー: Air power)とは一般に官民における航空機、航空要員、研究開発などを含めた航空に関する国家の総体的な能力である[1]

エアーパワー、エア・パワー、航空宇宙力(Aero-Space Power)とも表記する。

概説[編集]

エアパワーは国家が保有する潜在的、顕在的な航空に関する力の総称である。米陸軍准将ウィリアム・ミッチェル(William Michel)によって初めて概念として提唱され、ランドパワーシーパワーと並ぶ第三の力としてエアパワーと名づけた。その内容は純粋に軍事的な能力である航空戦力、空軍力だけではなく、航空関連の企業や組織、空港航空機の研究開発、航空機の生産能力、パイロットや技術者の能力、国家の航空関係の政策、国民の理解と支援などを包括するものである。また人工衛星ミサイル技術の発展により近年で宇宙にまでその範囲を拡大しつつあるために航空宇宙力とも呼ばれる[2]

特性[編集]

エアパワーは空中において運用される能力であるため、陸海における権力とは本質的に特性が異なっており、地形の制約を殆ど受けないために世界中どこへでも迅速に展開することが可能である。つまりエアパワーはランドパワーやシーパワーと比較して速度、範囲、機動性、突破・打撃能力が圧倒的であり、現代の軍事力の主要な構成要素であると考えられている。[3]また強力なエアパワーは航空産業、ひいては工業へのスピンオフによる国力全体への派生効果が期待できる。[4]

ただしエアパワーには欠点も認められる。これは航空機というエアパワーの根幹である航空機が空中に存在するものであるために、隠密行動が困難であり、また金属素材で製造されるためにレーダーに発見され易く、また極めて高価な兵器であるために調達や維持管理の上でも保有機体数が制限される。しかもミサイルなどを被弾すればダメージコントロールをすることも出来ず、また被弾しなくても航空戦で激しい運動による燃料切れなどで、墜落する危険性がある。さらに離着陸には滑走路や航空管制施設などの大規模な支援施設が必要であり、これを担う人材の教育訓練も一朝一夕に達成できるものではない。[5]

脚注[編集]

  1. ^ 小川、2000年、p.195.
  2. ^ 小川、2000年、p.195.
  3. ^ 小川、2000年、pp.196-197.
  4. ^ 石津、マーレー、2006年、pp.22-23.
  5. ^ 石津、マーレー、2006年、p.21.

参考文献[編集]

  • 石津朋之ウィリアムソン・マーレー編『21世紀のエア・パワー 日本の安全保障を考える』芙蓉書房出版、2006年
  • 小川修「現代の航空作戦」防衛大学校・防衛学研究会編『軍事学入門』かや書房、2000年、pp.195-212.
  • 郷田充『航空戦力 その発展の歴史と戦略・戦術の変遷 上下』原書房、1978年
  • Armitage, M. J., and Mason, R. A. 1983. Air power in the nuclear age. Urbana, Ill.: Univ. of Illinois Press.
  • Bacon, H. R., et al. 1983. Aerospace: The challenge. Maxwell Air Force Base, Ala.: Civil Air Patrol.
  • Higham, R. 1972. Air power: A concise history. New York: St. Martin's Press.
  • Mason, R. A. 1986. War in the third dimension. London: Brassey's.
  • Mason, R. A. 1987. Air power: An overview of roles. London: Brassey's.
  • Momyer, W. W. 1987. Air power in three wars. Washington, D.C.: Government Printing Office.
  • Singh, J. 1985. Air power in modern warfare. New Delhi: Lancer International.
  • Tedder, A. W. (1948)1975. Air power in war. Westport, Conn.: Greenwood Press.

関連項目[編集]