ウーター・ヘメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウーター・ヘメル
Wouter Hamel and band.JPG
(2007年)
基本情報
生誕 1977年5月19日
出身地 オランダの旗 オランダハーグ
ジャンル ジャズ
職業 ジャズ歌手
担当楽器 歌手ギター
活動期間 2005年-
レーベル Dox Records
公式サイト http://www.wouterhamel.nl/

ウーター・ヘメルWouter Hamel, 1977年5月19日 - )は、オランダハーグ出身のジャズ歌手

作詞作曲もできるそのスタイルはメル・トーメジェイミー・カラムフランク・シナトラらに例えられ、「新世代のフランク・シナトラ」「ミスター・ジェントル・ヴォイス」「シルクの声を持つジャズ界のプリンス」などと評されている。

経歴[編集]

2005年にオランダのジャズ・ヴォーカル・コンペティションで優勝後、数々のテレビ番組に出演し、世界的に有名なジャズフェスティバル「ノース・シー・ジャズ・フェスティバル」(en:North Sea Jazz Festival)にも参加した。

2006年にプロデューサーのベニー・シングスと出会い、2007年3月にアルバム『Hamel』でデビュー。同年11月にプロモーションのため初来日、2008年2月には来日公演を行った。

2009年1月、セカンドアルバム『NOBODY'S TUNE』のプロモーションのために来日し、ラジオ出演、インタビュー、ライブなどを行った。

ディスコグラフィー[編集]

  • 「Hamel」(2007年)
  • 「NOBODY'S TUNE」(2009年)
  • 「Lohengrin」(2011年)
  • 「Pompadour」(2014年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]