ウルム条約 (1620年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ウルム条約(ウルムじょうやく、ドイツ語: Ulmer Vertrag)は三十年戦争中の1620年7月3日ウルムで締結された、カトリック連盟プロテスタント同盟の間の条約。条約によりプロテスタント同盟は中立を宣言し、ボヘミア王に即位したプファルツ選帝侯フリードリヒ5世への支持を取りやめた[1]

脚注[編集]

  1. ^ Chronology: Louis XIII (1610-1643)”. Diplomatic Archives. 2004年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月20日閲覧。