ウラジミール・レーベンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウラジミール・レーベンシュタイン
生誕 ウラジミール・イオシフォヴィチ・レーベンシュタイン
(1935-05-20) 1935年5月20日(83歳)
居住 モスクワロシア
市民権 ロシア
国籍 ロシア系ユダヤ人
研究分野 数学
出身校 モスクワ大学
主な業績

レーベンシュタイン距離
レーベンシュタインオートマトン
レーベンシュタインコーディング

主な受賞歴 IEEEハミングメダル(2006年)
プロジェクト:人物伝

ウラジミール・イオシフォヴィチ・レーベンシュタイン(ロシア語: Влади́мир Ио́сифович Левенште́йн; IPA: [vlɐˈdʲimʲɪr ɪˈosʲɪfəvʲɪtɕ lʲɪvʲɪnˈʂtʲejn] ( 音声ファイル), 1935年 -) は情報理論、誤り訂正コード、コンビナトリアルデザインの研究を行うロシア科学者。特に1965年に開発したレーベンシュタインアルゴリズムレーベンシュタイン距離で有名である。

1958年にモスクワ大学の数学と工学の学部を卒業し、以来モスクワのケルディシュ応用数学研究所に勤務した。IEEE情報理論学会のフェローである。

2006年に「レーベンシュタイン距離を含む誤り訂正符号の理論と情報理論への貢献」によりハミングメダルを授与された。[1]

リーベンシュタイン距離が導入された論文の発表された日に関しては論争があり、ロシア語の原本は1965年に発表となっているが[2] 、翻訳したものは1966年に発表となっている[3][4]

論文[編集]

  • Levenshtein, V. I. (1965), “Binary codes capable of correcting deletions, insertions, and reversals.”, Doklady Akademii Nauk SSSR 163 (4): 845–848 
  • Delsarte, P.; Levenshtein, V. I. (1998), “Association schemes and coding theory”, IEEE Transactions on Information Theory 44 (6): 2477–2504, doi:10.1109/18.720545 

さらに見る[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]