ウムダトゥル・ウマラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウムダトゥル・ウマラー
Umdat-ul Umara
カルナータカ太守
Umdat ul-Umara.jpg
ウムダトゥル・ウマラー
在位 1795年 - 1801年
戴冠式 1795年10月16日
別号 ナワーブ

全名 グラーム・フサイン・アリー・ハーン
出生 1748年1月18日
死去 1801年7月15日
マドラス
埋葬 ティルチラーパッリ
王朝 アンワーリーヤ朝
父親 ムハンマド・アリー・ハーン
宗教 イスラーム教
テンプレートを表示


ウムダトゥル・ウマラー(Umdat-ul Umara, 1748年1月18日 - 1801年7月15日)は、南インドカルナータカ太守(在位:1795年 - 1801年)。本名はグラーム・フサイン・アリー・ハーン(Ghulam Husain Ali Khan)という。

生涯[編集]

1759年から1760年まではナッタルナガルの副太守であり、1760年以降はアルコットの副太守であった[1]

1765年8月12日イギリスの官吏ロバート・クライヴを通して、ムガル帝国の皇帝シャー・アーラム2世から「ウムダトゥル・ウマラー」の称号を賜り、これ以降はこの称号で呼ばれることとなった[1]

1795年10月13日、父であるカルナータカ太守ムハンマド・アリー・ハーンは死亡し、息子であるウムダトゥル・ウマラーが太守位を継いだ[1]

1799年5月イギリス第四次マイソール戦争マイソールティプー・スルターンを破ったが、ウムダトゥル・ウマラーは戦争中密かにマイソール側へ物資を供給したのではないか、とイギリスの官吏らにその関与を疑われるようになった。

ウムダトゥル・ウマラーはこの内通疑惑を否定し続けたが、1801年7月15日に突如として急死した[1]。イギリスに暗殺されたともいわれている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d Arcot 12

関連項目[編集]