クラゲノミ類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウミノミから転送されました)
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラゲノミ類
Hyperia galba.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca
亜綱 : 真軟甲亜綱 Eumalacostraca
上目 : フクロエビ上目 Peracarida
: 端脚目 Amphipoda
亜目 : クラゲノミ亜目 Hyperiidea
学名
Hyperiidea
H.Milne-Edwards1830

クラゲノミ類 (Hyperiidea) は端脚目に属する甲殻類である。全世界の海洋に分布し、多くの種はゼラチン質の動物プランクトン(クラゲサルパ)に寄生する。

ゼラチン質動物プランクトンを利用せず、植物プランクトンを摂食する種なども知られている[1]。こういったグループをウミノミ類と呼ぶことがあるが、この区分は多系統群にあたり、分類学的な裏付けはない。また、端脚類全般を示すのに使われる「sea flea」の訳語に「ウミノミ」が充てられることもある。この誤用については端脚類#人との関わりを参照のこと。

形態[編集]

体の構造は他の端脚類とほぼ同じで、頭部・胸部7体節・腹部6体節からなる。底生のヨコエビ類と比べると口器があまり発達しないことが特徴であるが、これは寄生性の端脚類全般に見られるものである[2]

外洋に適応した形態を持つこと以外に、この群をヨコエビ類から特徴付ける明確な形態形質は存在しないと言える。これは外洋への適応が収斂進化の結果であり、この分類群が多系統群であることを示唆するものである[2]

分類[編集]

種数はWoRMS[3]、和名はBISMaL[4]による。

コガシラ下目 Physosomata
オオガシラ下目 Physocephalata

系統[編集]

W. E. Browne et al.(2007)[5]によると、クラゲノミ亜目は3つのクレードに分けることができる。

クレード1
オリタタミヒゲ上科
クレード2
コガシラ下目+フクロウミノミ科
クレード3
ナガヒゲウミノミ上科+ヘラウミノミ上科+Iulopididae +Tryphanidae

という構成であるが、各クレードが端脚目の中にどのように位置づけられるかは明らかでない。

clade1

テングウミノミ科 Platyscelidae

タテウミノミ科 Parascelidae

ネコゼウミノミ科 Pronoidae

ノコバウミノミ科 Brachyscelidae

トガリズキンウミノミ科 Oxycephalidae(カミソリウミノミ科 Lycaeidaeを含む)

clade2

フクロウミノミ科 Cystisomatidae

スキナ上科 Scinoidea(一部)

スキナ上科 Scinoidea(一部)

ランケオラ上科 Lanceoloidea

clade3

ボウズウミノミ科 Paraphronimidae

Cyllopodidae

ヘラウミノミ科 Vibiliidae

Tryphanidae

ナガヒゲウミノミ上科
Phronimoidea

マルオウミノミ科 Phrosinidae

タルマワシ科 Phronimidae

クラゲノミモドキ科 Lestrigonidae

クラゲノミ科 Hyperiidae(Iulopididaeを含む)

脚注[編集]

  1. ^ 杉崎宏哉 (1991). “ニホンウミノミの生態学的研究”. 日本生態学会関東地区会 40. http://www.esj-k.jp/assets/files/pdf/kaiho/no.40.pdf. 
  2. ^ a b HYPERIID AMPHIPODS (AMPHIPODA HYPERIIDEA) OF THE WORLD OCEANS”. 2012年8月24日閲覧。
  3. ^ Hyperiidea in WoRMS”. 2012年8月24日閲覧。
  4. ^ Hyperiidea in BISMaL”. 2012年8月24日閲覧。
  5. ^ W. E. Browne et al. (2007). “Phylogenetic analysis of lineage relationships among hyperiid amphipods as revealed by examination of the mitochondrial gene, cytochrome oxidase I (COI)”. Integr. Comp. Biol. 47 (6): 815-830. doi:10.1093/icb/icm093.