ウシュナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウシュナス
誕生 Natwarlal Kuberdas Pandya
(1920-09-28) 1920年9月28日
インドの旗 インド グジャラート州
ヴァドーダラー近郊サヴリ
死没 2011年11月6日(2011-11-06)(91歳)
インドの旗 インド グジャラート州
バルサード
職業 詩人
言語 グジャラート語
国籍 インドの旗 インド
代表作
主な受賞歴
  • ナルマド金メダル (1963年)
  • ランジトラム・スヴァルナ・チャンドラク(1972年)
  • サヒチャ・アカデミー賞 (1976年)
  • Portal.svg ウィキポータル 文学
    テンプレートを表示

    ウシュナス(Ushnas、グジャラート語: ઉશનસ્)という筆名でもっぱら知られた、ナトワリアル・パンディア(Natwarlal Pandya、નટવરલાલ પંડ્યા1920年9月28日 - 2011年11月6日)は、インドグジャラート語詩人。

    生涯[編集]

    1920年9月28日ヴァドーダラーに近いサヴリ英語版という村に生まれた。メーサナ英語版シドプール英語版、サヴリ、ダバイーに学ぶ。ヴァドーダラー(別名バローダ)のバローダ・カレッジ(Baroda College:ボロダ・マハーラージャ・サヤージー・ラーオ大学()の前身)に学び、サンスクリット語を専攻して1942年に学士号 (Bachelor of Arts) を得た後、1945年にはグジャラート語を専攻して修士号 (Masters in Gujarati) を得た[1][2]。 その後、ロザリー高等学校英語版や、ナブサリ英語版の ガルダ・カレッジ (Garda College) で教鞭を執った。また、バルサード英語版のJ・P・ショーフ・アーツ・カレッジ (J P Shroff Arts College) でも教えた。1979年には、グジャラート教員組合 (Gujarati Adhyapak Sangh/Gujarati Teachers Union) の代表も務めた[1][2]1991年から1993年にはグジャラート文学評議会英語版の会長を務めた。

    ウシュナスは、2011年11月6日に、グジャラート州バルサードに没した[1][2]

    作品[編集]

    ウシュナスの最初の詩集『Prasoon』は。1955年に出版された。その他の代表的詩集には、『Nepathye』(1956年)、『Aardra』(1959年)、『Manomudra』(1960年)、『Trun No Grah』(1964年[3]、『Spand ane Chhand』(1968年)、『'Kinkini』(1971年)、『Bharat Darshan』(1974年)、『Ashwattha』(1975年)、『Rupana Lay』(1976年)、『Vyakul Vaishnav』(1977年)、『Pruthvine Paschim Chahere』(1979年)、『Shishulok』(1984年)がある。『Valavi, Ba Avi』と『Sadmatano Khancho』は、物語と詩を集めたものである。また戯曲も手がけ、『Pantuji, Doshini Vahu』、『Trun No Grah』などを残した[1][2]

    受賞[編集]

    ウシュナスは、1959年クマール・スヴァルナ・チャンドラク英語版(クマール金メダル)、1963年にはナルマド・スヴァルナ・チャンドラク英語版(ナルマド金メダル)を受賞し、またグジャラート・ガウラヴ賞 (Gujarat Gaurav Award) も受賞した。さらに、グジャラート語文学の分野の最高賞であるランジトラム・スヴァルナ・チャンドラク英語版1972年に受賞した。1976年には、詩集『Ashwattha』に対して、サヒチャ・アカデミー賞英語版を受賞した[1][2]

    グジャラート語の長篇詩ないし連作詩に対して与えられるウシュナス賞英語版は、彼にちなんで命名された賞である[4]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b c d e “Gujarati Poet Natvarlal Pandya ‘Ushnas’ passes away”. DeshGujarat. (2011年11月6日). http://deshgujarat.com/2011/11/06/gujarati-poet-natvarlal-pandya-ushnas-passes-away/ 2014年7月12日閲覧。 
    2. ^ a b c d e “Poet Ushnas passes away”. Surat: The Times of India. (2011年11月7日). http://m.timesofindia.com/city/surat/Poet-Ushnas-passes-away/articleshow/10646922.cms 2014年7月12日閲覧。 
    3. ^ Kuśa Satyendra (1 January 2000). Dictionary of Hindu Literature. Sarup & Sons. p. 15. ISBN 978-81-7625-159-4. https://books.google.com/books?id=UcAwrV60cpAC&pg=PA15 
    4. ^ Gujarati Sahitya Parishad”. Gyansetu (2017年12月16日). 2019年11月17日閲覧。

    関連項目[編集]