ウコバク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』におけるウコバクの挿絵

ウコバクUkobach)は、コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』に登場する悪魔の名前である。日本語では他にユコバック[1]ウコバチとも表記される。

ベルゼブブの配下にある下級の悪魔とされる。ベルゼブブの命により、地獄のの炎が絶えないようにを注ぎ続ける役目を受け持つ。また、花火と揚げ物を発明したという[1]

プランシーによる本文の解説では「灼熱した体で現れる」とされているが、『地獄の辞典』第6版で追加されたM・L・ブルトンによる挿絵では、大きな頭に細いのような尾を持ち、手に燃え盛るフライパンのようなものを持った姿で描かれている。この挿絵が通俗的な悪魔学の文献で繰り返し使用された結果、ウコバクの名が広く知られるようになった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『地獄の辞典』、p.289。
  2. ^ 『悪魔の事典』、p.100。

参考文献[編集]

関連項目[編集]