ウクライナ・ダービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウクライナ・ダービー
ウクライナ・クラシコ
Матч Динамо Шахтар.jpg
2009年のウクライナ・ダービー
都市、地域 ウクライナの旗 ウクライナ
初開催 1938年6月18日(月曜日)[1]
チーム FCディナモ・キエフ
FCシャフタール・ドネツク
最多勝利 FCディナモ・キエフ(66勝)
最多勝利 FCディナモ・キエフ(66勝)


ウクライナ・ダービー(Ukrainian derby)は、ウクライナのFCディナモ・キエフFCシャフタール・ドネツクサッカーの対決のことである。ウクライナ・クラシコ(Ukrainian classico)とも呼ばれる。D・キエフはウクライナの首都キエフに本拠地を置き、シャフタールはウクライナ最大の工業都市ドネツクに本拠地を置く。

歴史[編集]

ウクライナにおける両都市の位置

ソ連リーグ時代[編集]

初のウクライナ・ダービーは1938年のソビエト連邦サッカーリーグでの対戦であり、キエフで行われた試合はD・キエフが2-0で勝利した。ソビエト連邦リーグにおいてD・キエフはウクライナの雄であったが、この時期のシャフタールはトップリーグ残留をかろうじて果たす程度であった。しかし、シャフタールはウクライナ・ソビエト社会主義共和国内で最も工業化と都市化が進んだ東部地域にあり、D・キエフ以外のウクライナの主要なクラブとみなされていた。とはいえ、Capitalsと呼ばれたD・キエフより上の順位でリーグ戦を終えることは少なく、D・キエフとFCスパルタク・モスクワなど、ウクライナ対モスクワの構図の対戦ほどウクライナ・ダービーは人気があるわけではなかった。

ウクライナリーグ開始後[編集]

1991年にウクライナがソビエト連邦から独立し、1992年にウクライナリーグが初開催されたが、すべての面においてD・キエフがリーグを支配するという趨勢は新体制発足後も続いた。最初の数シーズン、シャフタールは優勝を争うようなクラブではなく、D・キエフの他にはFCドニプロ・ドニプロペトロウシクFCチョルノモレツ・オデッサがリーグ優勝を争った。初開催の1992年はSCタフリヤ・シンフェロポリがサプライズ優勝し、シャフタールは3位であった。

シャフタールの急成長[編集]

1996年に富豪リナト・アフメトフがシャフタール会長に就任すると、積極的な投資によってシャフタールが急成長を見せた。2000年代初頭になるとこの対戦は真のウクライナ・ダービーという地位を手に入れ、シャフタールがD・キエフの難敵となってD・キエフの1強時代は終わりを告げた。シャフタールは1996-97シーズンから5シーズン連続でD・キエフに次ぐ2位となり、2001-02シーズンにリーグ初優勝を飾った。2004年にはルーマニア代表インテルなどを率いたミルチェア・ルチェスクを監督に迎え、2度の2連覇を果たすなど、1996-97シーズンから2010-11シーズンまで15シーズン連続で2位以上の成績を収めている。2008-09シーズンにはウクライナのクラブとして初めてUEFAカップで優勝した。

2000年代のD・キエフ[編集]

シャフタールが台頭した2000年代のD・キエフもまずまずの成績を残しており、ウクライナサッカーのリーダーのひとつであり続けた。1998-99シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではアンドリー・シェフチェンコなどを擁して準決勝に進出した。1974年から1990年、1997年から2002年にかけて指揮を執ったヴァレリー・ロバノフスキー監督が2002年に死去すると、ヨーロッパの舞台での活躍は影をひそめた。2008-09シーズンのUEFAカップでは準決勝に進出し、準決勝ではヨーロッパの舞台で初めてシャフタールと対戦したが、シャフタールに敗れてベスト4に終わった。

記録[編集]

FCディナモ・キエフのサポーター
FCディナモ・キエフのホームで行われたウクライナ・ダービー(2011年)

両クラブの獲得タイトル[編集]

大会 D・キエフ シャフタール
ソビエト連邦リーグ 13回 -
ソビエト連邦カップ 9回 4回
ソビエト連邦スーパーカップ 3回 1回
ウクライナリーグ 13回 6回
ウクライナカップ 9回 7回
ウクライナスーパーカップ 5回 3回
UEFAカップ - 1回
UEFAカップウィナーズカップ 2回 -
UEFAスーパーカップ 1回 -

ダービーの結果[編集]

ソビエト連邦リーグ時代
大会 D・キエフ勝利 引き分け シャフタール勝利
国内リーグ 41 26 15
通算 41 26 15
ウクライナリーグ時代
大会 D・キエフ勝利 引き分け シャフタール勝利
国内リーグ 17 11 10
国内カップ 3 0 4
国内スーパーカップ 4 0 2
欧州カップ 0 1 1
通算 24 12 17
通算[要出典]
大会 D・キエフ勝利 引き分け シャフタール勝利
国内リーグ 59 37 25
国内カップ 3 0 5
国内スーパーカップ 4 0 2
欧州カップ 0 1 1
通算 66 38 33

リーグ戦順位の変遷[編集]

1992 92/93 93/94 94/95 95/96 96/97 97/98 98/99 99/00 00/01 01/02 02/03 03/04 04/05 05/06 06/07 07/08 08/09 09/10 10/11 11/12 12/13 13/14 14/15 15/16
チーム数 20 16 18 18 18 16 16 16 16 14 14 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 14 14
ディナモ・キエフ 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 2 2 1 2 1 2 2 2 3 4 1 1
シャフタール・ドネツク 4 4 2 4 10 2 2 2 2 2 1 2 2 1 1 2 1 2 1 1 1 1 1 2 2

脚注[編集]

外部リンク[編集]