ウェイン・ルーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダレル・ウェイン・ルーカスDarrell Wayne Lukas1935年9月2日 - )はアメリカ合衆国競馬調教師。調教師として初めてクォーターホースサラブレッドの両者で競馬の殿堂入りを果たしている。

経歴[編集]

元々は教師で、高校バスケットボールのコーチ(指導者)。1968年から夏休み期間を利用してサウスダコタ州競馬場調教をしていたが、1972年には本業としてカリフォルニア州クォーターホース調教師となり、10年間で23頭の世界チャンピオンを育てる実績を残すと、サラブレッドの調教師に転じた。サラブレッドでも調教師の年間獲得賞金1位(リーディングトレーナー)を14回獲得している。アメリカ三冠競走であるケンタッキーダービーを4勝、プリークネスステークスを6勝、ベルモントステークスを4勝。1995年にはサンダーガルチでケンタッキーダービーとベルモントステークスを、ティンバーカントリーでプリークネスステークスを優勝し三冠を独占、複数の馬で三冠を独占した調教師は史上初であり、また1994年のプリークネスステークスから1996年のケンタッキーダービーまでに行われた三冠競走で6連勝も果たしている[1]

他にもケンタッキーオークスも4勝。さらにブリーダーズカップ18勝は大差の最多勝である[2]エクリプス賞年度代表馬を3頭管理したほか[3]、エクリプス賞最優秀調教師賞も4回受賞した。1999年にはアメリカ競馬殿堂入り。2007年にはクォーターホースの名誉の殿堂入りも果たした。

両親はチェコ出身。サングラスがトレードマークである。

管理馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 順に1994年プリークネスステークス(タバスコキャット)、ベルモントステークス(タバスコキャット)、1995年ケンタッキーダービー(サンダーガルチ)、プリークネスステークス(ティンバーカントリー)、ベルモントステークス(サンダーガルチ)、1996年グラインドストーン(ケンタッキーダービー)。
  2. ^ 2006年現在、2位はシャグ・マゴーヒーの8勝。
  3. ^ 1986年レディーズシークレット1990年クリミナルタイプ1999年カリズマティック