ウイロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウイロイド
分類
階級なし : Subviral agents
階級なし : ウイロイド Viroids
学名
Viroids
和名
ウイロイド
英名
Viroid

ウイロイド (Viroid) は塩基数が200~400程度と短い環状の一本鎖RNAのみで構成され、維管束植物に対して感染性を持つもの。分子内で塩基対を形成し、多くは生体内で棒状の構造をとると考えられる。

ウイルス蛋白質でできた殻で覆われているがウイロイドにはそれがなく、またプラスミドのようにそのゲノム上にタンパク質をコードすることもない。複製はローリングサークルと呼ばれる様式で行われ、内あるいは葉緑体内で複製される。この過程では、それぞれの単位がタンデムに連なった状態に複製されるが、これを切断する過程がリボザイムによって触媒されるウイロイドも知られる。

このようなことから、ウイロイドをRNA生物生きている化石と見なし、ウイロイド様のものから生物進化したとする説がある (reviewed in Symons 1997; Pelchat et al. 2003)。あるいはまた、RNAの切れ端が自己複製機能を有するようになったものがウイロイドであるとする説もある。

世界で最初に発見されたウイロイドは、セオドール・ディーナーによって1971年に記述されたジャガイモやせいもウイロイド (Potato spindle tuber viroid) である。

ウイロイドの一覧[編集]

ウイロイドは2013年12月時点で2科8属35種が分類済みの状態で記載されており、また未分類の物やウイロイド状のRNAが10種記載されている[1][注釈 1]

分類済み[編集]

未分類[編集]

症状[編集]

病原性ウイロイドに感染した植物は矮化など様々な病害を引き起こされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 和名は、日本植物病理学会「日本に発生する植物ウイルス・ウイロイド (2012)」に設定されているものがあればそれを、設定されていないがウイルス和名等の命名についてにおいて翻訳できる場合はそれを、いずれもできない場合は学名をカタカナ表記している。

出典[編集]

参考文献[編集]

英語
  • Pelchat, M., Rocheleau, L., Perreault, J., Perreault, J. P. SubViral RNA: a database of the smallest known auto-replicable RNA species. Nucleic Acids Res. 2003. 31: 444-445. Publisher's page
  • Symons, R. H. Plant pathogenic RNAs and RNA catalysis. Nucleic Acids Res. 1997. 25: 2683-2689. Review. Publisher's page
  • Subviral RNA Database

関連項目[編集]

外部リンク[編集]