ウィレム2世 (オラニエ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オラニエ公ウィレム2世
結婚当時のウィレム2世とメアリー・ヘンリエッタ・ステュアート(1641年)アンソニー・ヴァン・ダイク

ウィレム2世(Willem II van Oranje-Nassau, 1626年5月27日 - 1650年11月6日)は、オランダ総督オラニエ公(在位:1647年 - 1650年)。オラニエ公フレデリック・ヘンドリックアマーリエ・フォン・ゾルムス=ブラウンフェルスの息子で、イングランドウィリアム3世となったウィレム3世の父。

人物略歴[ソースを編集]

1641年、14歳の時にイングランド王チャールズ1世の長女メアリー・ヘンリエッタと結婚した。1647年、父フレデリック・ヘンドリックの死後、20歳でオラニエ公位と総督職を継承し、ヴェストファーレン条約の成立により八十年戦争を終結させた[注釈 1]

ウィレム2世はオラニエ=ナッサウ家の歴代諸公と同様に軍事に優れ、性格的にも軍人肌であったといわれる。姻戚関係から親英政策をとっていたが、1649年清教徒革命が勃発してチャールズ1世が処刑され、イングランドに共和政が成立すると、ステュアート朝の王位回復のために奔走した[1]。しかしオランダ共和国で最有力の州であるホラント州が反対にまわり、国内でウィレム2世支持派と反対派の間で対立が生じた[1]。そのため翌1650年、ウィレム2世は反対派の有力メンバーを拘禁し、アムステルダムを包囲するなどして反対派を屈服させようとしたが、11月6日、事が成就する前に24歳にして天然痘で急死した[1]。一人息子のウィレム3世が生まれたのはその8日後の11月14日のことだった[1]

ウィレム2世の死によって反オラニエ派は勢力を挽回し、主要な州が総督を置かないことになり、無総督時代が始まった。また、各州の主権が拡大されて連邦議会の権限は弱められ、軍総司令官も置かれなくなって、オラニエ=ナッサウ家の影響力が大幅に削がれることとなった。

王位継承の家系図[ソースを編集]

 
 
 
 
ヘンリエッタ・マリア・オブ・フランス
(アンリエット・マリー・ド・ブルボン)
 
イングランド王チャールズ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イングランド王チャールズ2世
 
メアリー・ヘンリエッタ・ステュアート
 
オラニエ公ウィレム2世
(オランダ総督ヴィレム2世)
 
イングランド王ジェームズ2世
 
アン・ハイド
 
ヘンリエッタ・アン
 
オルレアン公フィリップ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イングランド王ウィリアム3世
 
イングランド女王メアリー2世
 
 
 
イギリス女王アン
 
ヨウエン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子供なし
 
 
 
 
 
 
 
子供ことごとく夭逝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ステュアート朝の終焉

ギャラリー[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 父フレデリック・ヘンドリックは、州総督および陸海軍最高司令官として対スペイン独立戦争(八十年戦争)で大きな戦果をあげてオラニエ家の威信を内外に高めた一方、フランス風の宮殿を造営して宮廷生活を送り、イングランドのステュアート家やブランデンブルク選帝侯はじめドイツ諸侯とのあいだに姻戚関係を結ぶなど王朝的外交を展開していた。佐藤(1998)pp.255-256

出典[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

先代:
フレデリック・ヘンドリック
オラニエ公
1647年 - 1650年
次代:
ウィレム3世