ウィリアム・プリムローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィリアム・プリムローズ
William primrose.jpg
基本情報
生誕 (1904-08-23) 1904年8月23日
出身地 スコットランドの旗 スコットランドグラスゴー
死没 (1982-05-01) 1982年5月1日(77歳没)
ジャンル クラシック音楽
担当楽器 ヴィオラ

ウィリアム・プリムローズ(William Primrose, 1904年8月23日 スコットランドグラスゴー - 1982年5月1日 アメリカ合衆国ユタ州プローヴォ)は、ヴィオラの独奏楽器としての地位を確立した演奏家である。力強いボウイングによって、ヴァイオリンとは明らかに違うヴィオラの魅力を示し、その後のヴィオラ独奏者のパイオニアとなった。また、ブリテンの「ラクリメ」や、バルトークヴィオラ協奏曲は、プリムローズのために書かれた曲であり、現代のヴィオラ独奏曲の誕生にも貢献している。

略歴[編集]

父ジョーン・プリムローズはオーケストラのヴァイオリン奏者ならびにヴィオラ奏者であり、弦楽器の鑑定家でもあった。プリムローズはもともとはヴァイオリニストとして活動を始めるが、ブリュッセルで師事したイザイのすすめでヴィオラに転向する。ロンドン弦楽四重奏団のヴィオラ奏者を担当したあと、1937年に、NBC交響楽団の結成にあたり、トスカニーニに招かれてアメリカに渡り、首席ヴィオラ奏者に就任する。その後、ソリストとして活動する一方、プリムローズ弦楽四重奏団(シェムスキーギンゴールド、シャピロ)を結成し演奏活動を行った。晩年は教育活動にも熱心で、インディアナ大学南カリフォルニア大学にて教授職を務めるほか、来日した際には東京芸術大学桐朋学園大学でも後進の指導にあたった。

著書[編集]

脚注[編集]