ウィリアム・バーンズ (言語学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・バーンズ

ウィリアム・バーンズ(William Barnes, 1811年2月22日 - 1886年10月7日)はイギリス作家牧師言語学者。1811年、イギリスのドーセットの農家の子に生まれる。1851年にケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジで神学士の学位を取得[1]事務弁護士教諭になった後に牧師になる。トーマス・ハーディジェラード・マンリ・ホプキンスなど親交をもつ。

著作[編集]

  • Poems in Dorset Dialect (1844年)
  • Philological Grammar (1857年
  • Hwomely Rhymes (1858年
  • Se Gefylsta, an Anglo-Saxon Delectus (1849年
  • Tiw, or a View of Roots (1862年
  • Glossary of Dorset Dialect (1863年

造語[編集]

ギリシア語ラテン語など博識でsun-print(写真)、wortlore(植物学)、welkinfire(比喩)、nipperlings(ピンセット)など借用語から置き換える新語を作った。

出典[編集]

外部リンク[編集]