ウィリアム・スタージャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィリアム・スタージャン
William Sturgeon
William Sturgeon.jpg
生誕 1783年5月22日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 イングランドの旗 イングランド ランカシャー ホイッティングトン英語版
死没 (1850-12-04) 1850年12月4日(67歳没)
イギリスの旗 イギリス イングランドの旗 イングランド ランカシャー プレストウィッチ英語版
国籍 イングランドの旗 イングランド
研究分野 物理学
主な業績 電磁石電動機
プロジェクト:人物伝

ウィリアム・スタージャン(William Sturgeon、1783年5月22日 - 1850年12月4日)は、イギリス物理学者で、最初の電磁石とイギリス初の実用的電動機を作った発明家である。

生涯[編集]

1783年、イングランドランカシャーのホイッティングトンで生まれる。その後、靴屋に徒弟にされる。1802年に軍隊に加わり、独学で数学と物理学を学ぶ。1824年、サリー州のアディスクームにあった東インド会社カレッジで科学の講師になり、翌年には最初の電磁石を公開している[1]。7オンスの鉄の塊に導線を巻きつけ、それに電池からの電流を流して電磁石とし、9ポンドの鉄の塊を持ち上げるという実験で電磁石の威力を示した。1828年にアンドレ・マリー・アンペールソレノイドの考えを実行した。

1832年、ロンドンの Adelaide Gallery of Practical Science(実用科学のアデレード・ギャラリー)の講義スタッフに任命され、そこで整流子を使った直流電動機の実験を行った。1836年、Annals of Electricity という学会誌を創設し、同年検流計を発明した[1]

スタージャンはジョン・ピーター・ガシオットチャールズ・ヴィンセント・ウォーカーと親しく、この3人で1837年にロンドン電気学会を創設した[2]

1840年、マンチェスターの Royal Victoria Gallery of Practical Science(実用科学の王立ビクトリア・ギャラリー、博物館と学校を兼ねた施設)の監督者になった。ジョン・デイヴィス (en) やその生徒だったジェームズ・プレスコット・ジュールと親しくなり、一種のサークルを結成。そこにさらにエドワード・ウィリアム・ビニーやジョン・リーが加わっている[3]。ギャラリーは1842年に閉鎖となり、その後は講演や公開実験で生計を立てた。1850年、プレストウィッチにて永眠[1]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Gee, W. (2004) "Sturgeon, William (1783–1850)", rev. Frank A. J. L. James, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, accessed 25 July 2007 (subscription required)
  2. ^ Harrison, W. J. (2004) "Gassiot, John Peter (1797–1877)", rev. Iwan Rhys Morus, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, accessed 5 Aug 2007 (subscription required)
  3. ^ Kargon, R. H. (1977). Science in Victorian Manchester: Enterprise and Expertise. Baltimore: Johns Hopkins University Press. pp. 38-40. ISBN 0-8018-1969-5.