ウィッチサマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィッチサマー
The Wretched
監督 ブレット・ピアース
ドリュー・T・ピアース
脚本 ブレット・ピアース
ドリュー・T・ピアース
製作 チャン・ツェン
エド・ポルガーディ
ブレット・ピアース
ドリュー・T・ピアース
製作総指揮 レマン・ポーター
ラニア・ポーター
ウィリス・キング
出演者 後述
音楽 デヴィン・バロウズ
撮影 コナー・マーフィー
編集 テリー・イエーツ
配給 アメリカ合衆国の旗 IFC Midnight
日本の旗 AMGエンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2020年5月1日[1]
日本の旗 2021年3月19日[2]
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $66,000[3]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,814,193[4]
(正確には旗ではありません)世界の旗 $4,344,913[4]
テンプレートを表示

ウィッチサマー』(原題:The Wretched)は、2020年制作のアメリカ合衆国ホラー映画

1000年の時を生きてきた魔女に立ち向かう少年の戦いを描く。全米では『アバター』以来となるボックス・オフィス6週連続1位を記録[5][6][7]。また、サム・ライミが「最高に面白い!近年で最もユニークで怖いホラー!」と絶賛した[8][2][7]

あらすじ[編集]

高校生のベンは夏休みを過ごすため、別居中の父親リアムの住む町にやって来た。ベンはそこで隣の家に住むディロンという少年と知り合うが、彼はなぜか母親のアビーにひどく怯えていた。そして、ディロンはベンに母親の様子が最近おかしく、自分の母親ではないと言う。

それから数日後、ディロンは突然姿を消してしまう。心配したベンはディロンの父親のもとを尋ねるが、彼は「私に息子はいない」と答える。不審に思ったベンは隣の家族のことを調べ始める。そして、アビーが1000年も生きている魔女に身体を乗っ取られているという恐るべき事実を知る。

キャスト[編集]

  • ベン:ジョン・ポール・ハワード
  • マロリー:パイパー・カーダ
  • アビー:ツァラー・マーラー
  • タイ:ケヴィン・ビグリー
  • リアム:ジェイミソン・ジョーンズ
  • サラ:アジー・テスファイ
  • J・J:ガブリエラ・ケサダ・ブルームガーデン
  • ゲイジ:リチャード・エリス
  • ディロン:ブレイン・クロッカレル

脚注[編集]

外部リンク[編集]