インドオオノガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インドオオノガン
インドオオノガン
インドオオノガン Ardeotis nigriceps
保全状況評価[1][2][3]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ノガン目 Otidiformes
: ノガン科 Otididae
: オオノガン属 Ardeotis
: インドオオノガン A. nigriceps
学名
Ardeotis nigriceps
(Vigors, 1831)[3]
和名
インドオオノガン[4][5]
英名
Great Indian busterd[3][4][5][6]
Indian busterd[3][4]

インドオオノガン (印度大野雁、Ardeotis nigriceps) は、鳥綱ノガン目ノガン科オオノガン属に分類される。別名インドノガン[4][6]

分布[編集]

インドパキスタン[3]

形態[編集]

全長オス120センチメートル、メス90センチメートル[4]。体上面は黄褐色で、黒い斑点が入る[4]。顔から頸部・腹部にかけては白い[4]。雨覆や風切羽の先端は白い[4]

後肢の色彩は淡黄色[4]

オスは頭頂が黒く、胸部に黒い横縞が入る[4]。種小名nigricepsは「黒い頭の」の意。メスは頭頂が褐色[4]。頸部は灰色[3][4]。胸部の横縞は不明瞭か[4]、横縞がない[3][6]

生態[編集]

草原や半砂漠地帯などに生息する[4]。農耕地に飛来することもある[6]

バッタ類やコガネムシ類などの昆虫、小型哺乳類、植物の根、イチゴ類などの果実穀物などを食べる[4]

繁殖様式は卵生。繁殖期はインドでは雨季にあたる3 - 9月で、雨量が少ない年には繁殖しない[6]。オスはディスプレイ場に集まり。1羽のオスが複数のメスと交尾を行う[4][6]。地面を掘っただけの窪みを巣にする[4]。1回に1個(まれに2個)の卵を産む[3][4][6]。抱卵と育雛はメスのみが行う[4][6]。雛は孵化してから1か月ほどで飛翔できるようになる[4]

人間との関係[編集]

農地開発や採掘・道路建設・植林などによる生息地の破壊、農薬による影響、家畜による巣の踏み付け、電線による衝突死、食用の狩猟やスポーツハンティングなどにより生息数は激減している[3]。1975年のワシントン条約発効時にはワシントン条約附属書IIに、1979年にはワシントン条約附属書Iに掲載されている[2]。1969年における生息数は1,260羽、2008年における生息数は300羽と推定されている[3]。2012年の調査で89羽、2015年の調査では40羽の確認が報告されている[3]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed 20/02/2018)
  2. ^ a b UNEP (2018). Ardeotis nigriceps. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 20/02/2018)
  3. ^ a b c d e f g h i j k BirdLife International. 2017. Ardeotis nigriceps. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T22691932A118025435. doi:10.2305/IUCN.UK.2017-3.RLTS.T22691932A118025435.en, Downloaded on 20 February 2018.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 百瀬邦和 「インドオオノガン(インドノガン)」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2000年、177頁。
  5. ^ a b 山階芳麿 「インドオオノガン」『世界鳥類和名辞典』、大学書林、1986年、26-27頁。
  6. ^ a b c d e f g h 森岡弘之 「ノガン科の分類」『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』黒田長久、森岡弘之監修、東京動物園協会、1989年、96-113,159頁。

関連項目[編集]