インディアン・ムジャーヒディーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

インディアン・ムジャーヒディーン(Indian Mujahedeen)は、インドイスラム主義組織。名前の意味については、「インドの聖戦士」と訳される。

概要[編集]

2008年以降、多数の無差別爆弾テロを実行するようになり表面化した非合法組織。組織力や背景など不明な点が多いが、2008年9月13日に発生したテロ事件では、ジャーミア・ミリア・イスラーミア大学学生および卒業生3人が逮捕されており、供述から高学歴層のインド人ムスリム青年らがテロリズムに感化されて所属していると見られている。

主な事件[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 中島岳志『インドのことはインド人に聞け!』講談社、2010年、124頁。

関連項目[編集]